玉村咏 / 染色家 プロフィール

Tamamura Ei

自分のしている事が、
自分の目的(エンド)になっていない程
苦しい事はない (夏目漱石)

目的までの時間が私にあとどれ位残されているのか

染色をはじめて40年が過ぎました。

■ 庵主より

眼の覚めるような、、玉村氏の色の世界をはじめて見たとき、そのよどみない色の広がりが心地よくて圧倒されたことを思い出しました。軽やかで鮮やかで、踊るような色の諧調を、色と色が出会い移ろう、それは楽曲を奏でるような彩りの世界でした。玉村氏の色の狭間を、心が感じる色をみなさまにどこまでお伝えできるか、野庵としてまた新しい壁を越える出逢いとなりました。がんばります。

■ 氏に関するお知らせ・近況は

玉村咏氏の ● 公式HP または ● Facebook 「アトリエ攸」 をご参照ください。

■ 取扱店

アトリエ攸 ・ 野庵

■ 経歴

1947年福井市生まれ。染色を独学。

1983年京都西陣にて染色工房「アトリエ攸」を設立。

京染の伝統をうけつぎながら" そめ" の新しい表現の可能性を目指しつつ創作にあたる。きもの等の和装以外に、タペストリー、インテリア、屏風、ファイバーアートの造形作品を等を制作。オリジナルな作品づくりの為に、発想、デザインから最終工程まで10余りに分かれる工程を、全てアトリエ内で一貫制作する。

▼ 近年の活動

[個展]  87 朝日画廊   90 ギャルリー和田

91 福井放送会館ギャラリー

92 ギャラリーマロニエ・他

93 福井新聞社ギャラリー

94 淡交社茶道研修会館

95 朝日新聞社・東京デザインセンター・他

96 銀座ミキモトホール・他  97 京都文化博物館・他

98 福井県立美術館・他

99 京都文化博物館    東京銀座美術館

2000福井県立美術館  ~  2008東京銀座美術館  ほか

[受賞]

92 ローザンヌ国際テキスタイルビエンナーレ
93 サントリー美術館大賞展
96 淡交ビエンナーレ大賞
98 淡交ビエンナーレ招待
99 京友禅・きのう・きょう・あした・目黒区美術館   ほか

■ 最新ラインアップ

果奏 ・ 帯留 (-玉村咏-)

125110

ジャンル:帯留
目を瞑り感じる彩りの世界、それは夢と現(うつつ)の狭間の色だとか。時の花にのせた色彩の果実からお客様の色の世界を奏でてみませんか。

→詳細はこちら



掲載日:2013年6月13日 (木)

yarn