矢口加奈子 / 切紙作家 プロフィール

Kanako Yaguchi

人が感じる「歓び」。かたちはそれぞれ違うけれどかたちのちがうそれぞれの歓びがあるときピッタリきた時にまた新しい歓びになる。そんな想いが込められた彼女のKIRIGAMI WORKS。店舗の内装から小物製作まで幅広い分野で活躍中。

庵主より

ふらり立ち寄った青山の小さなギャラリーで、矢口さんの作品と出会いました。
ポップなモチーフ、カラフルな色合い、どんな作品の中にも彼女の作品は和のDNAを感じます。
私の中でヨロコビノを感じる気持ちがある限り、彼女の作品に魅かれ続けるんだろうなぁ。

氏に関するお知らせ・最新情報

現在のお仕事

アパレル企業とのコラボレーションによる作品制作
ショップの企画によるグッズ展開
ワークショップの開催
イベント参加多数
東京デサイナー学院非常勤講師

経歴

1976年
千葉県生まれ
1994年
女子美術大学芸術学部デザイン科にて環境空間デザインを専攻
1997年7月
切り紙をモチーフにした初めての作品展「歓・よろこびのかたち」を発表
同年春より計5回、デザインフェスタに出展
1998年
卒業制作で、什器提案「よろこびのかたち~記憶の発信する場所」を制作
1999年4月
川越市の寺院を会場としたグループ展に参加
1999年7月
西荻窪、ギャラリーMu-Rangにて作品展示・販売
1999年8月
原宿、藤島屋ギャラリーにて作品展示・販売
1999年11月
相模原、鈴木商店にてグループ展に参加
2000年9月
原宿、ギャラリーkalokalo houseにて 作品展「歓・よろこびのかたち」を発表
現在、数店舗で家具・照明・Tシャツ・カバンなどを販売
事務所を都内に移し、新たなる展開を模索中
2000年10月
原宿カロカロハウスギャラリーにて個展
2000年12月
渋谷Cafeドロールにて個展
2001年4月
神宮前J3Dにて個展
2001年10月
原宿カロカロハウスギャラリーにて個展
2001年11月
青山東京サロンにて展示
2002年4月
自由が丘・渋谷にて個展
2002年7月
西荻窪ムーハンにて展示
2002年9月
南青山スパイラル・ショウケースにて展示参加
2002年12月
神宮前アトリエにて個展
2003年1月
NHK教育テレビ・おしゃれ工房出演
2003年4月
南青山スパイラル・ショウケースにて展示参加
2003年5月
ドイツ・ベルリンにてアートイベントに参加
2003年11月
高橋信雅と共に新潟にて展示
2004年
「加奈子の世界旅行 ~anarog VOYAGER」開催
2004年3月
神戸 AD☆EYES
2004年4月
青山 Galeria M
2004年5月
茅ヶ崎 kalokalo house
2004年7月
西荻窪 Mu-Hungにて展示

最新ラインアップ

手拭い キリガミモヨウ秋冬 (-矢口加奈子-)

447110

ジャンル:手拭い
あの日の記憶を切り紙に映す。2011年秋冬のキリガミモヨウは旅先で見かけた濃い花の色。

→詳細はこちら



手拭い キリガミモヨウ (-矢口加奈子-)

691110

ジャンル:手拭い
旅に出た。小さな路地、その地の風の音、朝も昼も夜も新しい時間。

→詳細はこちら



Diary 2009 (-矢口加奈子-)

4238110

ジャンル:紙作品
折った紙を切り開くように、1日1日が切り開かれる1年であることを願いつつ、このDiaryをお届けします。2009年、たくさんの新しい始まりに出逢えますよう-

→詳細はこちら



Printemps ・ 手拭い (歓 ヨロコビノカタチ / 矢口加奈子)

Y110

ジャンル:手ぬぐい
春のうららかな日々を色とカタチに映します。大好評 矢口加奈子さんの手拭いは、数量限定販売です!

→詳細はこちら



キリガミモヨウ (歓 ヨロコビノカタチ / 矢口加奈子)

Kirigami110

ジャンル:紙作品
友禅手漉き和紙に季節を感じる和の色をのせ、1つ1つ手作業でまるい紙に仕上げたキリガミモヨウ。1枚の和紙から職人の想いを伝えます。

→詳細はこちら



ぼんぼりバッグ (歓 ヨロコビノカタチ / 矢口加奈子)

5756110

ジャンル:鞄(小)
そこに添えるだけでキュートな力を発揮する、1点もののぼんぼりBagをお届けします。

→詳細はこちら



扇子 (歓 ヨロコビノカタチ/ 矢口加奈子)

Sensu1102

ジャンル:扇子
着物のときにきちんと感を出したければお扇子。前帯の中に大人の粋を仕込みます。

→詳細はこちら



掲載日:2006年6月15日 (木)

yarn