行灯型: 型 カタアリキ -Hiloko-

春めぐり 春天にありて 春老いるなし

福来たり 福地にありて 福限りなし

あらたまの年、久しぶりに会うお顔は春風と福々しい便りとともに。時を経て、色んな様変わりはするけれども笑い方は変わらない。

咲くやさく 大輪の笑顔行き交う花のような年となりますように!

花迎え

正面

後ろ

右側面

左側面

共布でできた収納袋

コサージュ裏

お手許にはこの状態で届きます

蓋部

いたまないよう底部は足付

中は芽吹色

この作品は

ぱっと目を惹く大輪の菊模様は金や紅の友禅染、花芯には箔がきれいに残されています。大胆な色とりどりの筆使いは楽しげで、地の灰桜色がやわらかく愛らしさを際立たせています。


おばあちゃんほどの時を経た布から、スモーキーピンク×グレーの相性の良さを教わります。時代から時代へ、慈しまれバトンタッチされたこの着物地の最後の持ち主はお客様です。めぐる季節をこの鞄とともに楽しく過ごしていただけたらとても嬉しいです。

この鞄には

鞄にあわせて作られた「季節の布でつくったコサージュ」と「Bagとおそろいの収納袋」を添えお届けいたします。


コサージュは東京の用賀にある 和ギャラリー「いなむら」さん で用意していただきました。華やかさを添える季節のコサージュはバレッタピン仕様。お洋服時や帯飾りにも多岐にご使用いただけます。


収納袋はBagをいれ端正に形を整えると見せる収納としてお部屋のアクセントにも。また、お出かけ時に中にふわっと忍ばせておけば開口の際の目隠しにもなります。

Hilokoさんの作品は

アンティークの着物生地から生まれます。愛らしい柄は気に入ってたくさん着たからかイタミが激しいことも。 まだ生かせる面、一番の見せ場を丁寧に裁断し、Hilokoさんのセンスでバランスよく配置します。ですので同じ鞄は作れません。


縫製の目、一針一針に一点しか創れないからできる、使い手への気遣いを感じます。


お手元へは、京都の和紙専門店 【鈴木松風堂】 製の和紙箱に納めて大切にお届けしております。

行燈型/花迎え

Product No.
K-120101
Size
蓋部13×13.5cm   底部17.5×17.5 高さ21cm  (持ち手含め38cm)   
Weight
約400g Capacity →画像参照
 
内容
鞄・鞄収納袋・コサージュ × 各1 

こちらの作品はお嫁入りいたしました。

Hiloko ラインアップ

薔薇 Soubi (型 カタアリキ / Hiloko)

306110

ジャンル:鞄(大)
なにが入っているのか気になる愛らしいカタチ。深みます秋色が気になる近頃◎

→詳細はこちら



Find a Rainbow

Op8118467110_2

ジャンル:鞄(大)
一歩一歩。向こう側の景色が見たくて。小さな夏の風物詩に溢れるエールを沢山詰め込んでお届け致します。

→詳細はこちら



妻戀/行灯鞄 (-Hiloko-)

72110

ジャンル:鞄(大)
昔から鹿の鳴く声は侘びし哀しと詠まれますが、、あれは牡が牝をもとめる妻恋の声。時を越えて野山をたらった走るご機嫌HappyなBagをお届け致します。

→詳細はこちら



野茨 Nobara (型 カタアリキ / Hiloko)

458110

ジャンル:鞄(大)
今では出すことのできないやさしいアンティークブルー。100年前から薔薇は切ない乙女の定番アイテムだったようです。

→詳細はこちら



Sipirka・シピリカ  (型 カタアリキ / Hiloko)

572110

ジャンル:鞄(大)
それは立春を迎えたころ、暁の空から大地にかえるスノーダストは冬仕舞いの極上の美しさ。

→詳細はこちら



花迎え (型 カタアリキ / Hiloko)

21110

ジャンル:鞄(大)
「新しき年の始めのうれしきは古き人どち会へるなりけり。」会う時間が心待ちな年始め。

→詳細はこちら



臥龍梅 (型 カタアリキ / Hiloko)

27110

ジャンル:鞄(大)
白雲の龍をつつむや梅の花。海を渡った梅の絵は後に世界的に有名になりました。

→詳細はこちら



EVERLASTING (型 カタアリキ / Hiloko)

2110

ジャンル:鞄(大)
深染めの紅葉のような、元気でキュートな笑顔を思い出すBagをお届けします。

→詳細はこちら



雨降り花/行灯鞄 (-Hiloko-)

26110

ジャンル:鞄(大)
との曇った夏の雨の日は格別。やわらかな風に水の薫り。雫揺れる花は深呼吸をして元気を取り戻す。

→詳細はこちら



あきのひかり/行灯鞄 (-Hiloko-)

111110_2

ジャンル:鞄(大)
それが片恋ならどんなに楽しかったろう。憂いの秋、人想う季節。罰された愛の形を考える夜。

→詳細はこちら



水蛍/行灯鞄 (-Hiloko-)

37110

ジャンル:鞄(大)
ふわり包まれる宵の風、水の波紋に浮かぶ虫の声。そんな心象に残る夏の香りを、鞄いっぱいに詰めました。

→詳細はこちら



踏青/行灯鞄 (-Hiloko-)

566110_2

ジャンル:鞄(大)
「青き踏む」寒さの残り香のなか、勢いをつけ小さな新芽が次々野に広がる。この時季の青はキッチュで元気が飛び跳ねている色。

→詳細はこちら



Nero/ひょうたん鞄 (-Hiloko-)

154110

ジャンル:鞄(大)
コロンとやわらかなまーるいライン。ネコかな?トラかな?木の葉かな?お客様と一緒にたくさんのストーリーを紡いでくれそうです。

→詳細はこちら



Raccolto/行灯鞄 (-Hiloko-)

302110_2

ジャンル:帯留
彩る実、収穫の秋。野庵「食べられるお庭の会」発足いたしました!

→詳細はこちら



Blackmoon/行灯鞄 (-Hiloko-)

06161101

ジャンル:鞄(大)
Blackmoonの夜、お月さまでは賑やかに花の宴が催されているとか。月明かりのない夜は酔ったウサギに要注意◎

→詳細はこちら



ムシウコジマ/六角鞄 (-Hiloko-)

3308110

ジャンル:鞄(大)
やわらかなマリンの風を運ぶ赤白ボーダー、実はアンティークの着物生地。それはすこし前の時代にもきっと、かわいい!と大切にされた布。

→詳細はこちら



Fiore/行灯鞄 (-Hiloko-)

4320110

ジャンル:鞄(大)
万葉の頃当代きっての歌詠人、大伴家持に椿の君と称された人がいました。そんな春のひだまりのような女性に憧れます。

→詳細はこちら



Black snow/行灯鞄 (-Hiloko-)

8446110

ジャンル:鞄(大)
雪のなかから現れてくるもの。それは待ち望み手にすることを夢見る存在で、だけど儚く決して手に入らない-そんな人々の雪への想いが冬の切ないお話を生みました。

→詳細はこちら



White snow/行灯鞄 (-Hiloko-)

7275110

ジャンル:鞄(大)
上空1500m、気温-3℃、大気中で雨が氷結しだすころ。 森に住む獣や人の身体の奥のアンテナがピンと立ちあがる。木々ををましろに包みこむ初雪をあらわした鞄が届きました。

→詳細はこちら



ピンポンマム (型 カタアリキ / Hiloko)

0706110

ジャンル:鞄(大)
鞄作家 Hilokoさん「菊尽くし」第2弾。多種ある菊のなかでとくに愛らしい菊種を、大好評の行灯型に挿してみました。

→詳細はこちら



夏式部・ 行灯鞄 (型 カタアリキ / Hiloko)

0456110

ジャンル:鞄(大)
凄烈な赤の矢羽はすこし特別な存在感。Hilokoさんから1年を通して傍においておきたい鞄が届きました。

→詳細はこちら



六月のKitchen ・ 行灯鞄 (型 カタアリキ / Hiloko)

ジャンル:鞄(大)
鞄作家 Hilokoさんの新作、テーマはやさしい陽射しのなかのキッチン。元気カラーを取り入れて、6月も元気に過ごせますように-。

→詳細はこちら



ももとせ・六角鞄 (型 カタアリキ / Hiloko)

8541110

ジャンル:鞄(大)
鞄作家 Hilokoさんの寿ぎのカタチを表した鞄 第2弾!吉祥文様の雲文がキュートに配置されています。

→詳細はこちら



あらたま・鞄 (型 カタアリキ / Hiloko)

8673110_2

ジャンル:鞄(大)
鞄作家 Hilokoさんから寿ぎの鞄が届きました。神様へのお供え物に、ぴちぴち鯛も付いています。抑えられた色は冬のお出かけに相応しい雰囲気です。

→詳細はこちら



豆鞄 (型 カタアリキ / Hiloko)

8519110

ジャンル:鞄(大)
鞄作家 Hilokoさんが贈る豆鞄。愛らしいハトといっしょに風や梢の音、空と雨の物語を探しにいきませんか。

→詳細はこちら



舞姫・鞄 (型 カタアリキ / Hiloko)

8486110

ジャンル:鞄(大)
鞄作家 Hilokoさんが送る夏鞄。爽やかな蝶モチーフと優しい風合いの紬地の青が、夏のお出かけにピッタリです。

→詳細はこちら



佐保姫・六角形鞄 (型 カタアリキ / Hiloko)

6kaku1110

ジャンル:鞄(大)
鞄作家 Hilokoさんから寿ぎのカタチを表した鞄第1弾が届きました。うららかな春風を迎えにお出かけしませんか。

→詳細はこちら



豆菊・鞄 (型 カタアリキ / Hiloko)

0685110

ジャンル:鞄(大)
鞄作家 Hilokoさんがおくる秋色鞄第1弾。元気な斜めがけStyleで天高い空を背にお出かけしませんか。

→詳細はこちら



掲載日:2012年1月23日 (月)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177086/53608418

この記事へのトラックバック一覧です: 花迎え (型 カタアリキ / Hiloko):

コメント

春不老で検索してお邪魔しました。
もしかして冒頭の歌は、私が2008年8月9日に花蓮「春不老」の解説に
中国語から翻訳したものではないでしょうか。
それ以前にこの歌をこのように翻訳して掲載したサイトは発見できません。
問合せサイトなどに出てくるのもすべて上記日付以後のものです。

もしそうでしたら、ひとことご連絡いただければ何ら差支えありません。
もし私のものでなく独自に翻訳したということであれば、失礼の段
ひらにご容赦ください。

投稿: rocky | 2013/01/09 8:06:33

コメントを書く






yarn