葉隠れの花 - 姫コ -


葉がくれに散りとどまれる花のみぞ忍びし人に逢ふ心ちする


      - 西行 山家集 -


残花に寄せる西行の言葉は、すこし切ない。 当時身分違いの人との叶わない恋から武士の身分を捨て、家族を捨て、俗世のすべてを捨て去った激しい想い。

だからこそ月や花を仰ぎ見て残したたくさんの言葉は、時代を超え人々の心にとどまるのでしょうかー

葉隠れの花

この作品は

2008年6月の「水柳ノ花」の姉妹作品です。約1.8cm(3分5厘)四方のちいさな生地を、211回摘んでいます。
生地1枚1枚がグラデーションになっていることに気がついていただけましたでしょうか。 もともとの生地にポイント染めを施しました。紫 黄色 水色 朱色 意外に今回のかんざしは多色使用なのですが、桜の散り際の空気感を大切に組んでみました。
パーツは真鍮で古美の鈴と調和し、お顔まわりでチリリと鳴ると心持ち自分が華やぎます(笑

Snowdrop 終了

この作品は姫コさんと野庵がトライした【Snowdrop】作品群のひとつです。 野庵と姫コさんがやりたかったこと。それはつまみ細工の世界をたくさんの人に知ってもらうこと。
凛として大人の女性にも似合うつまみ簪、それは今までにない形や色合いへの挑戦でした。


季節に合わせ様々なメッセージをこめた12作品 彼女がこの過程でどれだけつまみ細工と向かい合ったか、その一つ一つから伝わります。どうぞお手隙時に過去の作品頁を見てみてください。


弥生 「花丸」 / 卯月 「菜々葉」 / 皐月 「」 / 睦月 「水柳の花」 / 文月 「きんとと」 / 葉月 「」 / 水無月 「花野」 / 神無月 「唐獅子牡丹」 / 霜月 「丹楓」  


蛍雪 「Days」 / 忍びし人 「葉がくれの花」 / 焔 「Ape’nipek

つまみ細工とは

江戸時代中期、薄地の布を正方形に小さく切り、これを摘んで折りたたみ、組み合わせる手芸が大変流行りました。(女官や大奥などでもてはやされていたとか。)日本古来の繊細さや細やかさを活かした つまみ は、丁寧な同じ作業の繰り返しのなかで花や鳥を生んでいきました。今なお、七五三や成人式などのハレの日に欠かせない髪飾りのひとつです。
また、古より象牙・鼈甲・螺鈿、すばらしいハレの日用の簪がございますが、つまみは豊富な色と模様、そして値段も手ごろなことで、七五三の簪からと幅広い用途で、様々な階級層に愛されてきたすばらしい伝統工藝です。

Snowdrop / 葉隠れの花

Product No.
Hi-090401
Size
横幅最大10 × 本体縦11cm
 (かんざし部 長さ 10 cm別)
垂れ長さ10cm×10本 (湾曲部別)
Weight
約 24 g

この作品はお嫁入りいたしました。

姫コ ラインアップ

天宇受賣命/アメノウズメ・つまみ細工(- 姫コ -)

Op6298627sq110

ジャンル:お誂え/かんざし
高天原に溢れるほどの希望と幸福を運んだ女神様を丁寧につまみ細工の世界に映しました。

→詳細はこちら



菊理媛神/くくりひめのかみ・つまみ細工(- 姫コ -)

110spc277981

ジャンル:お誂え/かんざし
四季極つる月、締めくくりのお披露目にふさわしい神様を知りました。新しい年も小さな小さな積み重ねを見過ごさないよう励みたいと思います。

→詳細はこちら



宇迦之御魂神/うかのみたまのかみ・つまみ細工(- 姫コ -)

Op9070131110s

ジャンル:お誂え/首飾り/かんざし
お米一粒一粒にこめられた祈りや願い。そのさきには秋の稲穂たなびく豊かな田園風景がありました。

→詳細はこちら



風神/志那都比古神・つまみ細工(- 姫コ -)

P2283997110s

ジャンル:お誂え/ブローチ・帯留
風はすべてを運ぶやわらかな化石だそうです。なにものにもとらわれない風の神は懐かしい記憶も率いて流れていきます。

→詳細はこちら



火雷神・つまみ細工(- 姫コ -)

P2283997110s

ジャンル:お誂え/簪
何千年と畏れられつつも、慕われている雷様。黒雲のなかで、いっそう煌くそのPOWERに憧れます。

→詳細はこちら



作品リーフレット・つまみ細工(- 姫コ -)

P3034391110s

ジャンル:紙作品・本
12ヶ月をつまみ簪で表した作品を集めたリーフレットが出来ました。小さな小さな布から生まれる遥かな世界観が伝わりましたら幸いです。

→詳細はこちら



木花咲耶姫・つまみ細工(- 姫コ -)

P2283997110s

ジャンル:お誂え/簪
始まりはこの花/桜のように美しい女神、木花咲耶(コノハナサクヤ)姫。みなさまに春の歓びを運んでくれますように!

→詳細はこちら



月眺めのお誂え・つまみ細工簪(- 姫コ -)

P1191767110s

ジャンル:お誂え
とても小さな絹布を折ってつまんで重ねて。江戸期に生まれた繊細な技術を自分色で作りませんか?丁寧な解説書と作品がセットになったウルトラスペシャルなお届けです。

→詳細はこちら



春告姫・つまみ細工簪(- 姫コ -)

189110

ジャンル:かんざし
凍てつく大気の向こう側で静かに芽吹く花のように。寿ぎの日のための一挿しをお届けいたします。

→詳細はこちら



愛姫・組かんざし(- 姫コ -)

97110

ジャンル:かんざし
やわらかに日々自分の花を慈しめる女性となりますよう。記憶に残る特別な日のための花簪を提案します。

→詳細はこちら



Ape’nipek ・ つまみ簪 (-姫コ-)

0255110

ジャンル:かんざし
焔関連最後の作品はアイヌの言葉で「炎の光」。自身のなかの焔に気がついたら、思いきり飛び立てますように。

→詳細はこちら



葉がくれの花 ・ つまみ簪 (-姫コ-)

0472110

ジャンル:かんざし
口に出すとそれだけで色褪せる気がして、この花色は私だけが知っている色。葉がくれに見える花びらの向こうでいつかの君に逢いたい。

→詳細はこちら



Days ・ つまみ簪 (-姫コ-)

8775110

ジャンル:かんざし
3月、いつものおはようの日々は当たり前じゃなくなって。もうすぐ始まる生活と新しい出逢い。一人で進むのはすこしこわくて、でも楽しみで嬉しい。新しい生活が始まるすべての人へー

→詳細はこちら



丹楓 ・ つまみ簪 (-姫コ-)

6414110

ジャンル:かんざし
野庵2008年の秋最後の作品は、つまみ簪「丹楓」。冷えが増すほどに楓は熱を帯びた緋色に辺りを染める。君を思いて此処に何ぞ極まらんー 真実は山深い里の紅葉が包みます。

→詳細はこちら



唐獅子牡丹 ・ つまみ簪 (-姫コ-)

269011

ジャンル:かんざし
「牡丹に唐獅子」 百獣の王、獅子の拠り所となる牡丹。それはやわらかく静かに咲き散るとても可憐な花でした。

→詳細はこちら



花野 ・ つまみ簪 (-姫コ-)

5797110

ジャンル:かんざし
秋のちいさな花が咲きほころぶ野 「花野」。 花は春の季語ですが 「花野」 は秋の季語. この言葉から秋は足元の小さな草花がとくに慈しまれていたことを感じます。

→詳細はこちら



燦 ・ つまみ簪 (-姫コ-)

3311110

ジャンル:かんざし
秋に花火大会があるのをご存じですか?それは全国の花火師達が技術を競う特別な夜。 夏の残り香を1本のかんざしから感じてください。

→詳細はこちら



きんとと ・ つまみ簪 (-姫コ-)

3192110

ジャンル:かんざし
大手町 打ち水プロジェクトの展示でひときわ目立った大振りのつまみ簪 きんとと。簪は挿して初めて映えるものだと実感した作品です。

→詳細はこちら



水柳ノ花 ・ つまみ簪 (-姫コ-)

ジャンル:かんざし
水が生み出す無限の音と、柳が生み出す風の音1本のつまみ簪にふうわり水の香りを含ませてみました。

→詳細はこちら



巴 ・ つまみ簪 (-姫コ-)

1243110

ジャンル:かんざし
五月は端午の節句月。想い人とともに戦場を駆けぬけた凛々しい女武者のイメージをつまみ細工の簪にこめてみました。

→詳細はこちら



菜々葉 ・ つまみ簪 (-姫コ-)

5049110

ジャンル:かんざし
道端の色鮮やかに咲く菜の花を見て、土や川が歓びほころんでいるような感じがしませんか。生命力あふれる楽しく陽気な春を1本の簪にこめてみました。

→詳細はこちら



花丸 ・ つまみ簪 (-姫コ-)

4238110

ジャンル:かんざし
春山は淡冶(たんや)にして笑ふが如し- 山々の間からこぼれ見える薄紅色は見ているだけで浮き立ちます。そんな春の山景色を1本の簪に託します。

→詳細はこちら



お誂え (-姫コ-)

110

ジャンル:お誂え
瑞々しい感性と確かな実力。可愛らしすぎずデニムにも使え、Japan を感じる姫コさんの作品。お届けまでの時間がお客様だけの宝物となりますよう、野庵が尽力いたします。

→詳細はこちら



掲載日:2009年4月17日 (金)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177086/44683000

この記事へのトラックバック一覧です: 葉がくれの花 ・ つまみ簪 (-姫コ-):

コメント

コメントを書く






yarn