2014年1月16日 (木)

地元女性の底力*築200年熊谷家住宅@石見銀山

冬至の日のイベントご報告は動画と一緒に ^^; オソクテゴメンナサイ

まずはこの年始め
世界遺産に登録された石見銀山遺跡へ
行ってきた日のことを忘れないうちに

大森の趣き深い町並みは
お散歩カメラにオススメですょ camera

(写真はクリックすると大きくなります)


Sp1031023


家の戸には正月のおしたく飾り

青竹の花入れに餅花や千両

飾り方が統一されていたので
町内で配慮されたのかな

古い町並みをぐっと引き立たせる
すてきな室礼です


Sp1041434


雪が散らつく日

風情ある佇まいに橙と千両の赤の実が
とても印象的でした


Sp1041435


この日のお目当ては熊谷家(くまがいけ)

ここは銀山とともに栄えた
江戸時代からの豪商の家

大きく染め抜かれた三つ松紋の藍染暖簾は
新春の凍てつく冬空をさらに清しく
際立たせていました

(この暖簾はここでかつては布団として
 使われていたとか!)


Sp1041419


まず通していただいた来客用の奥の間

ここは大名家の役人の接待など
とりわけ大切な来賓の間だったとか

現在でもここは大田市の迎賓館として
ユネスコの賓客を迎えて市長主催の夕食会等
行っているそう


Sp1041373


臨んだ庭の蔵は鼠漆喰仕上げ

当時、女人禁制の蔵からは
祭具や神事に使う道具が
仕舞われていたそうです


Sp1041378


襖には見事な雲立涌文様

これは復元ではなく当時のものだとか 

むっはぁ shine うっとり

「その座椅子はここの布で
 私たちが作ったの。」

説明をしてくださる方に好奇心から
たくさんの質問をしたときに
お役所仕事ではないリアル感ある返答を
いただきました

実際、調査の現場にいないと
出てこない言葉

この古民家の復元と再興に尽力された
方々のお一人でした


Sp1041376


ここは素人の地元の女性が
小泉和子氏(昭和の暮らし博物館館長)の指導のもと
荷の整理、清掃から調査、復元し現在の形にまで
持ってこられた場所でした

pencil 家財運びだしから展示品ができるまで


Ncm_3381


毬 
「家財調査から展示まで全部、
 やられたんですか?」

「そう。地元の女が集まってね ^^
 3年かかっちゃいました。」

にこやかにおっしゃられたけれど
古民家のお掃除をすこしは知っていたので
その作業量は想像を超える大変さ、、

蔵にはかつて酒造業をやっていた展示

これも専門的知識をひとつひとつ
学び調べパネルにしていったとか


Sp1041397


小さなコーナーひとつとっても
当時の日常の息遣いが感じられ
細やかでとても見ごたえがある展示でした

お酒ってこうやって包まれていたんだねぇ

昔パッケージマニアとしては
たまらないっ


Sp1041384


大事に飾られた古民具


Sp1041396


蔵から出てきた揃えの茶椀たち


Sp1041395


見事に布で手造りされたフードサンプル

【お花見弁当】

箱寿司、煮染め、卵焼き、簀(す)巻きカマボコ、焼き鮭
鶏炒り煮、天ぷら、飾り切みかん

どのように使われたかも含めて
大森地域の行事食を聞き取り
郷土料理の復元につとめたとか


Sp1041389


祭礼・法事の日のご飯も展示されているので
すごく興味深かったです


Sp1041391


芯は発泡スチロールのお饅頭

器は料理が入ってこそ!

女性ならではのこだわりを感じ入りました


Sp1041393


圧巻は太い梁のお台所

ここも現役で使われているとか!


Sp1041425


小学生の食育の場として
薪割り、料理の下ごしらえ、竈でのご飯作り
後始末まで行っているそうです

大人も5名以上で体験学習できるって☆
やりたいですー


Sp1041402


熊谷家で使われていた道具を使って
かつて、人の手で行われていた
すべての家事を

ある意味とてつもなく贅沢です


Sp1041423


井戸も現役!


Sp1041431


水まわりの使い勝手を考えられた
シンプルな美しさ

ショールームのような
お飾りでないリアルな場


Sp1041426


「魚箱」

リアル過ぎるお魚も発泡スチロールと
みかんネットからの手造りでした eye


Sp1041408


ワラでできた蓑(みの)や笠

これあったかいのかな?
でも防水、ムリだよね?!

雪がすぐに払い落とせるらしい!


Sp1041417


新聞紙の中には茶葉が干されていて


Sp1041429


別間でゆっくりいただきました◎

土地独自の風味のあるあったかいお茶
あたたかなコタツ

張り替えられた障子、小さな盆栽
コタツの座布団まできっと手作り

広くて大きな豪商の古民家で
おばあちゃんちに来たような
ゆったりした空気が流れているのは
お母さんたちの沢山の心遣いがあるから

素晴らしい古民家再生の活用を
魅せていただきました


Sp1041398


重要文化財 熊谷住宅

守る女性は 『家の女たち』 という名称で
今も熊谷家の来館者への説明から
建物の維持管理まで活躍されています

熊谷住宅 

● 公式HP http://kumagai.city.ohda.lg.jp/

● Facebook https://www.facebook.com/kumagaike.ienoonnatachi


Sp1031007


オマケ

女中部屋に貼られた写真

誰かまったくわからないw


Sp1041406


「断捨離」という言葉が流行っているようですが
捨てられないものはやっぱりあって

物がない時代、大切に使われた道具

その精神まで包み込むように
大事に大事に復元された熊谷家

年のはじめ、2014年念頭に置くべきことを
教わった気がしました◎


| | コメント (0)

2012年5月30日 (水)

深堀隆介さんのアトリエに行ってまいりました☆

5月の青葉が薫るころ
深堀隆介さんのアトリヘに行った日のこと


1185


氏のアトリエは金魚養画場、お陽さまと風が流れる場所

金風丸の使用イメージにピッタリで、
まずは使っている写真をパシャンパシャン camera

● 団扇型 季節のカード 「金風丸」

これからのこと等、色々伺ってまいりましたょ~!


1279_2


「この後ろもね、見えないんですけど、凝ってるんです。」

自作の木縁も漆塗り

新作のお披露目が本当に待ち遠しいですね 


1183_3


これはね、池の袋なんです


1215t


池袋西武さんでの展示だからねー、これスゴイんですょ

ほら、見てくださいっ!

みなさん、この続きは是非7月の西武池袋での展示でご覧いただければ!
ただ今、とても楽しそうに準備されていらっしゃいます  *^ ^*


Dsc_1206


人の眼を気にしだすとブレだします

新作のこのコには眼があって
こっちを凝視してるんです

誰に気がつかれなくても良いんですけど
そういう作品なんです

安穏とすることなく新しい風に挑む姿勢、
新作は圧倒的に美しくただひたすら感動して、
そして勇気をいただいた時間でした


Dsc_1180


関西のお客様っ☆
とっておきすぺしゃるな作品が今夏、公開販売されます!
(ヒントはこの画像)

直接ご覧いただける機会があまりないだけに
よろしければ庵のメールマガジンへご登録ください

mailto 野庵 メールマガジン

販売日程等、詳細がわかり次第、
お知らせしております ^ ^


Dsc_1226


打ち合わせはパンケーキで有名なお店へ

深堀さんは健康のため、日々ウォーキングをしているそう

バナナパンケーキの後ろで最後まで
ポーズを取ってくださいましたw camera パシャ


1369


深堀さん監修の金魚手拭でつくる甚平が大好評で ^ ^

● 金魚手拭でつくる甚平

いゃ、だって相当キュートですよ

モデルになってくれた彼(当時2歳6ヶ月)は
深堀家のご長男です


Dsc_200120


こちらは毬詠の甥っこ

1歳5ヶ月の坊やが着用するとこんな感じ

出目金が風にめくれるシーンが撮りたくて
めちゃくちゃ頑張って走ってもらいました ^ ^;


483480


おばあちゃん(毬詠ママン)にこの写真を見せるとね

「まぁぁぁぁああ☆なんて可愛らしい
 もう目が疲れるから、孫の分お仕立てしてもらおかな」

ご注文いただきました dollar らっき

手縫いにチャレンジいただけるお客様

手拭甚平ページ 真ん中あたり
 hairsalon 和裁師さくらさん発! 「子供用甚平」の作り方 

ダウンロードしてみてくださいね

肌着を中に着て、長い間楽しんでもらえたら
とっても嬉しいなぁ


770


甚平ベイビちゃんは可愛さが際立って
撮影場所では面白いほど人気者


Dsc_0857

ミラクル金魚マジック☆

さくらさん主導のBlogで製作過程を写真で公開してまいります hairsalon

縫い方等、できあがりまで
しっかりがっつりフォローいたしますので
(ご質問等はそちらでまとめて回答致しますね)

とっておきの夏のおしたくを
はじめてみませんか。

| | コメント (0)

2012年5月22日 (火)

伯兆さんと奈良☆シェルボタンを探す旅 番外編

奈良ゲストハウスでの打ち合わせ風景

風鈴が鳴って5月の風が気持ちよい日

「毬詠さん、今日中にこれ大体決めちゃわないと!」

伯兆さんはしっかりされていて、とっても頼りになります shine


473


この日は2人とも鹿靴下(笑

奈良ですからねっ


474


鹿にもちゃんと会ってきました!


484


初夏の奈良、東大寺あたりをお散歩カメラ


520


土塀に新緑が映えるこの時季の奈良
とても気持ちいい風が吹いていました


493


毬詠 「私、瓦に萌えるんです★」

伯兆 「私は外灯ですね♪」

奈良はマニアックにも楽しめます


509


今回お世話になったボタン屋さんは貝ボタン以外にも
沢山のボタンを扱っていて

もしかしたら違う切り口でまた世界が広がるかなって
とても楽しみなのでした


364


伯兆さんからお土産いただきました!

直近、5月末に集まるミーティングで
おすそ分けするねー


664


こういうの、とても好き

中まできちんと凝っててステキすぎ


673


遠足、本当にお疲れさまでした!


530


また、懲りずに遊んでくださいね catface

(道に迷いまくって余分に疲れさせた毬詠でした、、ごめんなさい)

--

ただ今、初夏蒔絵作品充実中
すぐお届けできます☆


夏の薫りを運ぶツバメさん、変わらない日本の夏モヨウ

来 rai


9851635


今は鹿が生まれる時季、バンビちゃんの可愛さったらないですょ

Aqua


Aquq635355


コレクター多数☆その気持ち、とてもわかります

夏蒔絵ボタン


573635


素材が本物だからこそのレトロきれいな愛らしさ
麻の葉や粋な着物に敢えてオススメします!

ぶりきん


635355_2


| | コメント (0)

伯兆さんと奈良☆シェルボタンを探す旅

野庵のTOPフラッシュが夏モヨウに変わりましたょ!

2枚目にご注目、蒔絵師伯兆さんの金魚さんです!

貝の流れるようなきらめきが本当に美しくて
1枚の写真に全体を入れ込めなかったんです (><)

全貌は次のTOPフラッシュでw


Upimage2


↑ このキラキラはあわびの貝片です ↑

貝でもっともっと世界観が広げれたら
色んな伯兆さんが楽しめるなぁって

そう思い探していたらこんなステキな素材に出逢えました
これ、なにかわかります?

貝でできたボタン、シェルボタンです


554


この貝が実は奈良の地場産業と知り、
2人でたらった遠足に行ってまいりました!

その日、待ち合わせ場所の駅に着くと

あれ、、ヤギ ?


442


「奈良と言えばヤギさんなんですね~♪」

ぃや、、ちがっ


久しぶりにお逢いした伯兆さんは
相変わらずラブリーでした heart04


454


まずはお互いの貝商品を広げてご挨拶です

「貝という素材を活かしてますねぇ」
「すてきなデザインですね!」

お褒めいただきましたょ☆


362


そして沢山の貝ボタンにかなり惹きこまれました

毬詠 「このボタン、すっごい可愛いですね!」
伯兆 「蒔絵、要らないですよね、、」

伯兆さんは意外にクールです、はぃ


376


奈良は海はないけれど、当時は川から
神戸→大阪→奈良 へと技術と一緒に
遠い南の貝が運ばれてきたそうです


382


野庵が探していたのは直径4cmほどの貝ボタン

この大きさなら髪飾りにも帯留めにも使いやすいかなって flair

貝ボタンは貝殻をくり抜きます
頭ではわかっていても、ちょっと想像がついていませんでした


351


自然素材の貝殻、その曲線面のなかの
平らな部分をくり抜く

最初に問い合わせをしたときは

「難しいですね、でもやってみましょう!」と、
挑んでくださいました


412


手前からボタンの素材となる黒蝶貝・白蝶貝・茶蝶貝

本真珠はアワビ貝やアコヤ貝から産まれます

黒蝶貝の珠は黒真珠、白蝶貝の珠は南洋真珠
茶蝶貝から産まれた珠はマベ真珠と呼ばれます


402


養殖真珠の母貝となる貝から真珠を取り出した後
貝殻は貝ボタンの台となります

とても美しい再利用だなぁ


354


貝殻をくり抜く


602


そうすると外郭はザラザラ


643800


内側もラウンド状態


649800


表裏、磨きをかけ形を整えます

1つ1つが持つ違う景色


577


黒蝶貝の特徴はダークな深みのある黒からグレーの神秘的な諧調、
そのなかで緑や赤の虹色が輝いて、その1個にしかない光沢が見れる。

茶蝶貝の特徴は淡く柔らかな虹茶色の光沢、
それは海にもぐってたゆたう水面のようで、ため息がでるほど。


563


シェルボタン1つ1つの表情とそれぞれの美しさ

伯兆さん、ただ今絶賛貝ボタンとにらめっこ中

「夏のおしたく シェルボタンの会」

季節のお楽しみがまたひとつ
増えましたら嬉しいです☆


Gobanmatuba


金魚さん、ちょっとチラ見せ

かなりメタボな感じが愛しぃ (笑


Raw0394480


次は 「伯兆さんと奈良★番外編」 !

| | コメント (0)

2011年10月24日 (月)

銀閣寺秋の特別拝観と喜み家の豆かん

ちょっと怪我をしておとなしくしてるここ数日

ここは動けないのなら、、と
秋の遠足のBlogを書いていきまっす!

最近のお昼ご飯に八百三(やおさん) ゆず味噌登場 catface
そう、京都に行ってきました


94


お目当ては東山慈照寺の特別拝観

ここのお庭がとても好きです

白砂の向月台は年々高くなってきているとか
本来はもっと低いものだったそう、、

昔とはどれぐらい違ってきているんだろ

波紋を表現した端正な銀沙灘は開門中に
均すと説明されました

一回でいいから見て(やって)みたいなぁって ψ(`∇´)ψ


591


ここには蕪村さんの描いた襖絵があります

一茶先生より芭蕉先生より与謝蕪村が好き

俳句はおおらかでのびのび
とても気持ちが良いですよね◎

時間の流れや四季の陽射しをこんなすてきな表現で
気がつかせてくれる

春の海 ひねもすのたりのたりかな

菜の花や 月は東に日は西に

今なら このあたりでしょうか ↓

山は暮れて 野は黄昏(たそがれ)の薄(すすき)かな


578s


銀閣寺形手水鉢

キューブ形だっ Σ(`0´*)

お茶室の意匠や露地の鑑賞を学ぶと、
この辺りの楽しさももっと深まるのでしょうか


567s


ただ、うんちくに明け暮れる方がたまにいて、、

いわれや背景もとても大切ですが、
私はまずは自分が見つけたファーストインプレッションじゃないかなって

アンテナが感知したら自分で探して学ぶと思うから

いずれにせよ、「これすてき」がたくさん感じれたら良いですね

蕪村先生が描いた「飲中八仙人図」はとても朗らかで、楽しそうで

泥酔して歩けなくなったおじいちゃんのほっぺの色も残っていて
筆のかすれから時代を超えた美しいが確かにあって
泣きが入るほど心がふるえました 

その10分後には
お庭でスーパーキノコ見つけて、大喜び ↑ 


Dsc_0656


奥にある義政公の書斎は(最古の書院造)陰翳がすばらしくて
その奥の「弄清亭」(お香席)の襖絵がまた鮮烈な色彩で

なにより印象的だったのは水の音

湧き水と滝から流れ出る水の音が室内に静かに響く
壮大な演出に胸がいっぱいになった

特別拝観は高いと思われがちですが
私はオススメします☆


613


銀閣寺さんのお庭は広くて勾配があってけっこう大変

ただ、今も使われる湧き水があって苔が美しくて
とても丹精に手入れが行き届いてるお庭だなぁって感じいる


640


胸がいっぱいになってお腹がすいたので
豆かん屋さんへ行きました

● 豆かん 喜み家


678s


釣りしのぶ、よいな 

風情があって、来年は奈良にも置きたいグリーンのひとつ


682s


ここの豆かん、すごいですねっ shine

黒蜜がめちゃめちゃ美味しい
さらりくどくなくて、きちんとした豆の食感が楽しめて
ほわっとやわらかな塩味

あっという間になくなっちゃった despair


707


一緒にお散歩してくれた仲良しさんが
柚子味噌を買うというので「八百三」へ

商品は柚子味噌だけ、、

(すごいお商売だな、うらやましい)

美味しい理由はここに書いてありました (笑

● 京都 グルメ情報


715


魯山人さんが味に感銘して、店内にある看板の文字を書いたとか

お味噌一品にまつわる逸話がなんかどでかいなっ


Yaosan


ぴかつやの柚子味噌

旅に出てて出荷が遅くなったお客様へ
お土産にこの日の荷に入れておすそ分け

もちろんゲストハウスにも good

まおちゃん、おおはしゃぎ 「ねぶって良いですか、これ heart04

喜んでもらえて良かった


Yaosan1


あ、このお味噌は常温保存です~

冷蔵庫にうっかり入れると、かたくなって味が落ちるとか


513s


さて、次は京都ではとちゃんに会ったときのこと

| | コメント (0)

2011年2月21日 (月)

さわってまふ~んのお布団選び☆奈良ゲストハウス

まだまだ寒いですね~ 

週末は関西での打合せ

まずは奈良のゲストハウスに入れる
備品の買いつけとか

ここにあれを入れてこれを入れて
シュミレーションはほんと楽しぃ ↑

予算があるけん・・・
今回は我慢しての選択はほんと苦渋 ↓

古い物との出逢いは一期一会

値段と状態  どこまでメンテできるか
使い方が3つ以上、パパパっと浮かぶもの

これから勉強すること沢山だ


Bihin1


春OPENのゲストハウス

肌に触れるものはなにがなんでも
心地いいものを準備したくて

タオルやシーツ、そしてお布団


Fabric


値段はピンキリ どこまで気を配れるかなぁ

そう思っていた矢先、とってもすてきな
お布団や布を扱う会社にサポートして
いただけることになりました

 『Fabric Plus (ファブリック プラス)


Fabric1


名古屋から社長ご夫妻とお子様
店長さんとデザイナーさん

遠く奈良の現場で遠征会議 bullettrain


Fabric3


毎日お洗濯することになるもの

洗うほどに繊維がこなれて
肌にきもちいいものがいいなぁ

風合いの耐久性
衛生に気を遣っていますの表現法

ひっぱって


Fabric2


さわって

ちゃんと自分で感じる

あ ('▽'*)
この感覚  しあわせまふまふ~ん ♪ 


Fabric6


枕・お布団・ケット・シーツカバー 

ネットで沢山みたのに実際に素材を触って
感じることってだいじだぁ

大きさ、クッション性、さらさら感

私は寝具は肌さわりが心地よくて
あたたかで軽いものが好き


Fabric4


綿の良さ 綿麻の風合い 麻のへたれない素材感

春は肌寒い日とあたたかな日でふわっとくるまれて
心地いいケットが必須

夏はしゃりしゃりしてて汗を発散させてくれる
通気性の良いものを


Fabric5


野庵 (yarn) は a yarn 1本の糸

素材へのこだわりと使い手の心地よさ

ファブリック プラス』 さんの大切にするところが
とてもしっくりきて、今すごく学ばせてもらっています


Fabric8


野庵 奈良ゲストハウス

ほぁあと灯る灯かりは
おかえりなさいの色になるんじゃないかな


Keymen


なにもない場所ですが、眼を瞑ると余韻が残る
そんな場に育っていけばいいなぁ

| | コメント (2)

2010年12月24日 (金)

X’mas イルミネーションの撮影に行ったょー

今、神奈川県保土ヶ谷公園では野庵と大島エレク総業さん
お手伝いしたクリスマスイルミネーションが瞬いてて☆

 ● Silent flower 2010 詳細


Hodogaya1


googleセンセに 「保土ヶ谷 イルミネーション」 で
検索をかけると、色んな人がBlogにあげてくれてる

近頃、それが日々の楽しみっ ^ ^


Hodogaya1


撮影中もいろんな人が立ち止まって
写メや三脚持参でパシャンパシャン camera

そいうのはほんとうれしいねーっ♪


Hodogaya2


zaim cafe のツリーはなんと4.8m!
実は11本のホワイトツリーの集合体

やりきってた&がんばってた good


Hodogaya3


今週末までです
お近くの方は是非ぜひ覗いてみてください◎


Hodogaya


photo Bash


この写真を撮ってくれて、いつも
もすごくお世話になっているBashさんが
冬至の日にご結婚されました☆

ちっちゃな手が写る幸せ写真を
心待ちに楽しみにしております~ shine

| | コメント (0)

2010年11月 6日 (土)

子どもホスピスにたてられたツリーハウス

この間のおやすみの日、お友達と一緒に
ツリーハウスを見てきました

夏のイベントで「光ノ庵」を手がけてくれた
三尋木崇さん

養成講座チームではじめててがけた
ツリーハウスができたとのこと


581


かーなーり急勾配 (笑

ここ一番最初の足場どうやって組んだんだろ


508


沢山の幹が茂るツリーハウス

くぅぅ ステキすぎっ


555


着いたときはみなさん、
最後の仕上げをされていてね

声かけのタイミング 雰囲気
あー いいTEAMだったんなぁって

見てて時間の積み重ねを感じる 

心地いいTEAM が作る空間はやっぱり心地いい


535


作業中は見えない結界ラインが貼られてるみたいで
なんか入れなくて周りをグルグルぱしゃぱしゃ camera


526


その間にみんなでお昼の用意


660


ピザはあっというまに焼けていく!


662


この日は完成お披露目の日で

ワークに関わった人のお友達や
家族が集まっていました

森では森の遊び


649


どんぐりって食べれるんね
はじめて食べたっ!


654


にらめっこをして余裕マケ

このコは次に逢うときどんなふうに笑うかな♪

千葉の古民家のベイビちゃんだよ~  (>森のシェア仲間)


629


ゲーム機がなかったころの遊びを
教えてもらう


497


その間にも


626


着々と

ごはんごはん (笑


598


お腹いっぱいになったころ
ツリーハウスの中へ

ツリーハウスは生きている木が土台
木の成長に合わせてハウスも変わっていく

そこが難しくて そして面白いところ


786


なんでこんなにアガルんだ~↑
本能がドキドキする

秘密基地  隠れ家  
仲良しさんと大興奮


801


てっぺんに登らせてもらった


803


曇り空が広くて雨の匂い

海からの風  樹々が揺れる音

木の上の非日常

降ちてくる緑の蔭につま先まで深呼吸した


844


あんまり心地よくて
なかなか降りれなかったよね (笑


824


創造する  リアルにつくる

バーチャルじゃなくて
手とか頭とか自分フル回転

養成講座のチームは約20人 そしてたくさんの関係者


すごいなぁ


812


「九州(熊本?)、帰るょ」

そう言って日常に戻る人へ


750


がっつり握手

そしてこのプロジェクトを最初から
ライフワークとして撮ってくれてるカメラが
入ってることに感動


755


ここは重い病気や障害と共に生きる子どもや、
その家族を支える日本初の「子どもホスピス」予定地

ある人にとってはかけがえのない場所になるね


784


すごく意味のある空間づくり

大人も子どもも笑ったり泣いたりできる場所

良い時間だったなぁ


659


ビルダー養成講座は
NPO法人ジャパン・ツリーハウス・ネットワーク
開催されています


Denden


いつか、野庵でも茶事ができる
ツリーハウスがほっしい

ねー  ほしいよねっ (笑

| | コメント (0)

2010年10月27日 (水)

晴天らららん♪秋ランチピクニック~

仲良しさんとピクニックに行きました~♪

奇跡的晴天

雨で流れに流れ、計画から4ヶ月?!


Pi9


ピクニックやBBQ、お外ご飯が大好きです happy02

きもちいいやんねー 


Pi


くいしんぼさんが集うので充実してる good

塩豚のレンズ豆

自家製ピクルス

ポテトフライにポテトサラダ

生ハムのきゅうり巻

手羽竜田揚げ etc

ムリのない範囲で持ち寄り


Pi2


ゆうさん☆焼きたてふかふかパン


Pi3


ベースはゆるゆるなのですが

ピクニック前には

「なに着ていきますか~♪」 と女子メールが
まわってきたり

テーマを決めたり

今回は確か 「パン」 だったような(笑


Pi12


グリーンフィールドに集まる時間は
スペシャルに楽しい

秋の空 ひんやり空気


Pi10


お空 ぱしゃ


Pi6


せっかくの極上時間

みんな、なるべくならこだわりたいって思っていて

フードはもちろん、敷物やカトラリー
器とかも heart04

そのほうがきっと面白い♪

回を重ねるごとに経験値がUP↑して
場の色彩が豊かになるんじゃないかな


Pi4


近況報告とか

新しいストールの蒔き方のレクチャーとか

はたから見てたらきっとカシマシイ ♪(((*゚▽゚))八(゚▽゚*)))♪


Pi11


ピクニックとキャンプは違うんだよね

ワーク(勤労)がないんだっけ (笑

ピクニックのこだわりを語りだすとアツイ仲良しさん

いつか満月の夜に月が眺めれる海で
優雅にお外呑みがしたいね~


_dsc0393


ゆうさんと笑い転げる

これ、だれに撮ってもらったんだっけ?

全部ブレブレだでっ


Pi7


芝生には色んな人がいて

マン☆ウォッチング、たのしー 

いゃ なんかおかしー (撮影してた movie


Pi8


みんな、げんきだっ


Pi5


さて、次はどこいくか rvcar

| | コメント (0)

2010年10月22日 (金)

奈良ゲストハウス完成引渡し☆

「ゲストハウス、ほぼほぼ完成やでー」

と、村井さんからお声がかかったので
奈良へ行ってきました

鍵を開けてどきどきどき

お星様シャンデリアが似合うお部屋にまず歓声 happy02


Guesthouse1


和室のライトはちょっと前までは
ハンコ屋江湖さんを照らしていて

そしてここに来てくれた

お庭に面したここのお部屋は縁側もあって
静かに墨をするにはちょうどいいかも


Guesthouse2


風と光が行きかう場所

チビッコが元気にちょこまかしても
大丈夫なようにしたいな


Guesthouse3


食べられるお庭 にする! 

そのとおり
食べられる実がすでにお庭にたわわんっ


Guesthouse


このお庭はアルカイックの平島さんが
こしらえてくれた

「リンゴ(アルプスの乙女)
中国大実ナツメ
カシス
ポポー
トゲナシタラの木
びわ(茂木)
ベリーベリー(ブルーレイ&ウィマウス)
ラズベリー
ブラックベリー
シークワサー
日本青じそ・青じそ
ハーブ チャイブ ローズマリー ミント
etc...

後は数知れぬ球根から新芽が・・・
工事中もやたら、ニラとドクダミの臭いがしました coldsweats01


Guesthouse8


お客様が泊まれる個室2つ リビング お庭 玄関
キッチン コンクリうちっぱなしのアトリエ トイレまで

吊るす位置、大きさ、壁に映る陰影
場に合わせてしつらえた
すべて違う形の村井賢治さんの照明 

正式なお披露目までお楽しみ catface


Guesthouse9


まりえ 「白いスイッチカバーはイヤだー」

でも真鍮のスイッチカバーってめさめさ高い、予算ムリ!

塗っちゃってくれてました good

ひと手間じゃすまない時間をかけてくれた
Key-menと愉快な仲間達 (人) ダイカンシャ


Guesthouse6


この日、実は廃棄の日

不要なものをコンテナに積み込んで
もっていってもらう 

滋賀と東京で施工現場が奈良、
段取りを組んで日程調整

村井さん、ほんとありがとう


Guesthouse4


水道 ガス 電気 色んな方面に精通してる
彼らの実務資格の数は半端じゃなくて

現場のプロってこういう人たちなんだっ
今回、とても勉強させてもらった

脱衣所とお風呂はもう売っていないタイル仕様の
かわいいつくりだったので、手を加えずそのまま利用


Guesthouse10


村井さんは梅の木まで剪定してくれて
帰っていきました (笑

野庵 奈良ゲストハウス
こんないいハコに仕上げてもらった

後は私の仕事だ

場は人が入って活きるから

彼らも遊びに来てくれるぐらいの
気持ちいい場所に仕上げねばっ rock


Guesthouse11


玄関の戸1枚 ドアノブひとつ 
夏のお庭の雑草取り 雨季と猛暑の土壁塗り

けんちゃん 平島君 木村君 ヒデヨシ君 

慈しんでこの場を創ってくれたみんなに
心から感謝して

奈良に行くたびに、

「そこは木村君が全部しあげた」

「平島君がよう、草取りしにきて帰っていったで」

「ペンキはヒデヨシ!」 

見えない場面を伝えてもらった

ちゃんと引き継いで、みんなへ開く場にするけん


Guesthouse5


帰り際  ドロボウさんですかっ! のヒデヨシ君 (笑

最後、お家に燻煙式殺虫剤を置いてきた

まりえ  「なぁ 煙、出てる?」
ヒデヨシ 「いや、ぜんぜん」 (笑

あかんやんっ!

奈良ゲストハウスOPENは来年の春あたり
お楽しみです~♪


Guesthouse7


このゲストハウスを手がけてくれた村井賢治さんのBlog
照明の問合せ等、連絡先も掲載されています ↓

wrench murai kenji blog

--------

奈良のゲストハウス、そこに在る豊かさや楽しさを
感じれる場・創れる場になればいいなぁと
準備を進めてまいります。

OPEN告知等、野庵のメールマガジンにて
随時お知らせしていきます。

  mailto 野庵 メールマガジン

ご興味を惹きましたらご登録くださいましまし。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧