2013年11月12日 (火)

野庵 11/13~11/20 秋休みのお知らせ

大変急で、申し訳ない限りなのですが

どうしても臨みたい景色があり
少しだけおやすみをいただきます


Pb125357


メールの返信も若干遅れます(人)
毎日1度は確認いたしますね

では離陸!  

行ってまいりまっす

| | コメント (0)

2012年9月26日 (水)

特別な夏の宿題 * 南相馬(ヨッシーランド)での時間

鳥いっぱい鳥居」は南相馬市に立っています

大津波で沿岸部2000世帯がほぼ壊滅と
大変な被害があった場所

ここは当時、原発の恐怖から沢山のパニックとともに
救助救援が立ちいかなかった場所と知りました

お盆の少し前に、南相馬に初めて行った日のことを
書きます


209


視界には電線のない澄んだ空と夏草の緑

静かな遥か海と空の線まで見渡せる場所でした

(今回の記事の写真は大体が大きくなります。)


48s800


はとちゃんとわたし
ガイドしてくださったのは森さんです

森さんは伊勢大御神の神職
(山田神社の神職も兼務)

ここは兼務されている社のひとつ御刀神社

ぽん ぽん と針葉樹の小さなかたまりがあって
そこには大小の石があって

森さんから

「全部、流されちゃったけど鎮守の杜にひっかかって
ここにはすこしだけ残ってるんです」

そう説明を受けました


38s800


石は狛犬の礎イシズエで
以前の面影を唯一伝える

神域にはよく見ると布袋様やら大黒様やらの置き物が
たくさん並べてあって

守る家をなくした神様たちがにこやかに集っていた

土にささった木杭には名前が書いてあって 

ためらって
レンズを向けれませんでした


41s800


You tube やネットや色んな媒体で事前に知識を入れて
自分の中で厳しい場所にいくだろう気持ちの準備もしていた

1年以上もたつ

実際の場で、かろうじて残るその被害の影のリアルさに
どうしていいかわからなくなった

車で向かった場所は南相馬市原町区の介護老人ホーム

建物も中のモノもすべてのみこまれた場所でした


62s


「入らせていただきます。」

エントランスにお線香の煙と匂い


143s800


猛暑の日だったからか
のどがカラカラに渇いた

自分の心臓の音

「この千羽鶴はいつからかけてあるんだろ」

ちいさく息をはいて
森さんたちの後を追った


150


ここは高齢の方が余生を過ごす施設でした

あの日は入所者・利用者約140名、
職員は60名ほどが勤務していたそうです


121s800


海から約1km 市が作成したハザードマップでも、
津波被害の想定区域には入っていなくて

だれも施設にまで津波が押し寄せることを
想定していなかった場所でした


68s800


36名の方がお亡くなりになり、
1名の職員の方が行方不明と聞きました


130s800


やわらかな陽射しがさしこむ空間

ここはカフェで

きっと楽しい時間が流れていた

静かに思考がとまった
眼を瞑ったのかもしれない

なにも残っていない


94s


天井に水の跡

「ここまで水、きたんだね」

はとちゃんの声に意識が返る


65s


ホールには愛らしいお雛様の絵があった

「なんで、この絵はのこってるんだろ」

泣きそうになりながら声が出た

「ここは少し斜面で水がこなかったんじゃないかな」


75s800


残された桃の花に

今、ここでシャッターをきる不遜さに

頭の奥がじんじんして
言葉が出なくなった


71s


森さんから

「ここはお盆あけに取り壊しが決まりました。」

事前にそう聞いて

「今、撮らないと」

そんな理由付けを急遽自分の中でして
シャッターを押していました


106s


中のものも撤収されて
泥や瓦礫の掃除も終わって


88s_2


もうなにも残っていなくて

あの日の痕跡だけがありました


92s800


帰ってネット上で調べると、その惨状が
わかる記事を見つけました

ここは福島原発から30km内、当時1号機で水素爆発が発生し、
刻々となにが起こるかわからない状況下で
津波から逃れた多くの人が市外へ退避していた

その中で残られた職員の方々の覚悟と
懸命な対応がそれ以上の惨事を防いだと知りました


134s


時計があった

動いていた

ただ壊れていて

秒針が一秒、そして一秒進むと
振り戻った

進もうとして、戻れない
涙が出た


116s


外ではとちゃんと森さんが待っていてくれた

撮り残しがきっとある

かもしれないけれど
もうシャッターが押せなかった


127s


森さんと出会ったとき

「毬詠さんのBlogは美しいものを載せるのでしょう。
それがなんでここの、言ってしまえば
とても汚い場所を撮りたいんですか?」

そう聞かれました

その時はうまく言えなかった

私の中では、

「美しい=本当」の図式があって
本当を感じに行ったんだと思います


136s


この写真は「ぽっぽてぬぐい」のお祓いに
駆けつけてくださった方にいただきました

その方の添えられたテキストに

南海老から。青い空、青い海、火発、献花。

海は悪くない

そう、書かれてありました


548012_241617485961418_1163866684_n


「今までがあって、現在があって
そして未来へ向かいます。

歴史の一通過点として
こういう事があったと
知っていてほしい。」

史学に通じる森さんらしい言葉に助けられて
この記事をUPします

ぽっぽてぬぐい」をつくる過程で福島の方と
たくさんの出逢いをいただきました

ゆたかで優しい、大変な強さを感じました

原発のこと
放射線のこと
内部被爆のこと

今からもっと学びます

怖がらないでまた会いに行きたいと思うから


1s_2


読んでくださいましてありがとうございました

今夏いただいた宿題は、これからの宿題になりました

--

山田神社鳥いっぱい鳥居 を映した ● ぽっぽ手拭販売ページ


3635


| | コメント (4)

2012年7月26日 (木)

月夜さんのご飯を食べに@洗足カフェ

洗足カフェに行ってきました!

ここは、日替わりオーナーによるコミュニティカフェ

私が目指している空間作りに
ちょっと似ていて興味津々


Senzokucafe1


セルフビルド、沢山の人が関わってつくられた空間
里山学校やワークショップ

きらきらキーワードが降ってきます☆

HPを覗いてみてください shine

 ● 洗足カフェ

ここで火曜日に月夜さんがスイーツやカフェご飯を
サーブしてくれます restaurant

月夜さんから ↓ Message

「えっと、髪の毛伸びました 
実はお菓子作るの好きなんですw 

そして最近は日替わりカフェの女将(?)に就任
何故かエスニックとキッシュの謎の店です」


Img8658bc91zik9zj


* 野庵 和紙帯     * 手に持っている照明 


着付けの会で出会って以来、なにかと
一緒に楽しんできた月夜さん

彼女も着物が運んでくれた出逢い

着物だけじゃなくてステキなことを沢山知っていて
幅広い引き出しを持つ彼女

私もナゾが多すぎる女性になりたい (笑

心地よい空間で美味しかったです!

低糖スイーツやカロリーのことも
今度ゆっくり教えてもらわなきゃだ

ご興味惹きましたら、是非お立ち寄りください


Senzokucafe


Blogを書いていたらあちらこちらから夏のギフトが☆

このお素麺、すてき美味しそ~(人)いただきまっす


Gift


手紙やプチギフトを四季を通して
贈りあえる関係がスキです

いつもありがとう


| | コメント (0)

2012年5月30日 (水)

深堀隆介さんのアトリエに行ってまいりました☆

5月の青葉が薫るころ
深堀隆介さんのアトリヘに行った日のこと


1185


氏のアトリエは金魚養画場、お陽さまと風が流れる場所

金風丸の使用イメージにピッタリで、
まずは使っている写真をパシャンパシャン camera

● 団扇型 季節のカード 「金風丸」

これからのこと等、色々伺ってまいりましたょ~!


1279_2


「この後ろもね、見えないんですけど、凝ってるんです。」

自作の木縁も漆塗り

新作のお披露目が本当に待ち遠しいですね 


1183_3


これはね、池の袋なんです


1215t


池袋西武さんでの展示だからねー、これスゴイんですょ

ほら、見てくださいっ!

みなさん、この続きは是非7月の西武池袋での展示でご覧いただければ!
ただ今、とても楽しそうに準備されていらっしゃいます  *^ ^*


Dsc_1206


人の眼を気にしだすとブレだします

新作のこのコには眼があって
こっちを凝視してるんです

誰に気がつかれなくても良いんですけど
そういう作品なんです

安穏とすることなく新しい風に挑む姿勢、
新作は圧倒的に美しくただひたすら感動して、
そして勇気をいただいた時間でした


Dsc_1180


関西のお客様っ☆
とっておきすぺしゃるな作品が今夏、公開販売されます!
(ヒントはこの画像)

直接ご覧いただける機会があまりないだけに
よろしければ庵のメールマガジンへご登録ください

mailto 野庵 メールマガジン

販売日程等、詳細がわかり次第、
お知らせしております ^ ^


Dsc_1226


打ち合わせはパンケーキで有名なお店へ

深堀さんは健康のため、日々ウォーキングをしているそう

バナナパンケーキの後ろで最後まで
ポーズを取ってくださいましたw camera パシャ


1369


深堀さん監修の金魚手拭でつくる甚平が大好評で ^ ^

● 金魚手拭でつくる甚平

いゃ、だって相当キュートですよ

モデルになってくれた彼(当時2歳6ヶ月)は
深堀家のご長男です


Dsc_200120


こちらは毬詠の甥っこ

1歳5ヶ月の坊やが着用するとこんな感じ

出目金が風にめくれるシーンが撮りたくて
めちゃくちゃ頑張って走ってもらいました ^ ^;


483480


おばあちゃん(毬詠ママン)にこの写真を見せるとね

「まぁぁぁぁああ☆なんて可愛らしい
 もう目が疲れるから、孫の分お仕立てしてもらおかな」

ご注文いただきました dollar らっき

手縫いにチャレンジいただけるお客様

手拭甚平ページ 真ん中あたり
 hairsalon 和裁師さくらさん発! 「子供用甚平」の作り方 

ダウンロードしてみてくださいね

肌着を中に着て、長い間楽しんでもらえたら
とっても嬉しいなぁ


770


甚平ベイビちゃんは可愛さが際立って
撮影場所では面白いほど人気者


Dsc_0857

ミラクル金魚マジック☆

さくらさん主導のBlogで製作過程を写真で公開してまいります hairsalon

縫い方等、できあがりまで
しっかりがっつりフォローいたしますので
(ご質問等はそちらでまとめて回答致しますね)

とっておきの夏のおしたくを
はじめてみませんか。

| | コメント (0)

2012年4月16日 (月)

水の辺でお花見と春の火祭り@日牟禮八幡宮

突然ですが、この秋、近江の地でイベントをやります◎

どんな土地か、どうしてこの地に惹かれるのか
私も探している真っ最中です

庵の大切なお客様、一緒に探してみませんか

ご興味を惹きましたら是非、紅葉の頃に
滋賀は近江八幡へ bullettrain 

まずは足を運ぶたびにご紹介してまいりますね ^ ^

--

近江八幡の日牟禮(ひむれ)八幡宮で行われる
「八幡まつり」に行ってきました

遠くからでも感じる
炎の匂い 太鼓の爆音

着いたときにはもう始まっていた


Fire


お祭りの歴史は千数百年

毎年4月14日と15日、八幡開町以前の旧村落12郷の氏子によって
大松明を奉納する八幡祭り

郷の大太鼓にどきどき

この大きさ、佇まい、ステキすぎでしょ shine


174


高さ10mを超える巨大松明に着火する

その昔、琵琶湖の葦(よし)で松明を作り、火を灯して
天皇御一行を八幡まで道案内したのが始まりだとか


Fire1


そんなに燃やして良いんですねっ!

すごい勢いで境内に火が広がる

勢いを増す炎の音 
場の気が熱くあがっていく 


69600


おかしいぐらい燃えさかる炎から
さらに花火があがった

木の爆(は)ぜる音

炎の音階が響く


166


火柱が流れるように崩れ落ちるのは
ただ圧倒的で

火の熱さ、怖さと人の本能が呼応し合う

そういう感覚は大事だから、たまに起こしてあげたら
良いのかもしれない


126


太古からの因習を継ぐ春の火祭り

荘厳な炎の色に魅入られた夜


135


すごーい × 50回

口が開きっぱなしだった時間 (゚0゚)

ハンパなくあがる火の粉は普通に降ってきて
美波ちゃんの着物の上に落ちていった

あ。

「ま、まりえさーーん」 ぱちち みたいな、、w

そんなこんなの春の夜★


185


このお祭り、国選択無形民俗文化財に指定されているそうです

本能を揺さぶる炎柱と大太鼓の音

これ、来年も来ちゃうなぁ

その後は「Atelier Key-men 船着場」のお花見に参加させてもらいました cherryblossom

村井賢治さんらしい細やかな場の設え (さすがっ!)

お堀沿いに満開の桜
塗りのお膳にアンティークのお猪口

(そしてスーパードライ!)


Hanami


この日、お堀沿いは桜が満開


184600


思ったのは、、

夜のお花見写真って代々木公園でも吉野でも
どこも変わんないね(笑

そしてみんなでわしゃわしゃ呑む時間は
訳がわかんなくてさいこーに楽しいのも一緒 beer


Dsc_0216


うらうら楽しい夜♪

帰り道々もBeer片手に酔いよい


204


鮒寿司をハジメテ食べて(* *)
あったかいスンドゥブチゲ鍋に大笑いした夜

行く春を 近江の人と 惜しみける (芭蕉)

花灯りと炎の匂い 春の宵の出逢いに感謝


| | コメント (2)

2012年3月22日 (木)

『きもの結び』さんのイベントお手伝いに行った日のこと

先日、すこしお手伝いさせていただいた
着物イベントがありました

● 第二回東日本大震災チャリティ着物バザー

ギュウギュウ大盛況

畳んで 畳んで × 50回 (笑


0133


当日会場で、とても印象的だったこと

「まだ着れないんですけど、、
あんまり可愛くて、いつか着れるようになりたくて
すこしだけど持ってるんです (。-_-。).」

携帯に記録された帯や着物の画像


Dsc_2772s_2


「あわせ方がわからなくて、
コレに合う帯が欲しいんですけど。」

そんなキラキラガール&(元)ガールが
沢山いて、お手伝いは楽しかったぁ

アイテム別で見たときは地味に見えた着物がね、
引き立てあえる帯や小物と出逢うとき
脳内ファンファーレが鳴るんです♪

瞬間、ぱぁああって ヨシ ( 。・_・。)人(。・_・。 ) キタコレ

「あ。
 この組み合わせ最高にかわいーです☆」 × 30回

みんな夢中でタカラサガシ (笑


156


着物を着たいなって思う乙女ゴコロ shine

そういうのは年齢とか性別関係なく
すごくキュートだし大事にすればいいと思う

(性別って書いたのは男性のお客様もいらっしゃった ^ ^)

フレッシュな気持ちを思い出した日
関西の着物をとっても愛する人たちに出逢えた夜でした


Dscf2102_2


また、なにか関われたら嬉しいな

乾杯っ!

--

当日は単純に大変だったけれど楽しかった 
そんな感想で

後日、彼らが2日で ¥1,187,120 を集め、「あしなが育英会
東日本大震災・津波遺児支援」へ寄付されたことを知りました。

「サークルスタッフは普通の主婦や会社員5人」って
Blogに書いてあって (そうだったのね sweat01

「着物好きには着物好きとしての支援の形があると思い、
こういった形のバザーを開催しました。」

リーダーとのメールのやりとりの中で

「お買い物してくださった方々に楽しんでいただけた事、
そしてその楽しい想いが子供たちの為になるという事が、何よりです。」


98


相当、内部で話し合わないと出てこない言葉が
メールの端々にあってね

小雨が降る外でたちっぱなしの終日
謝りながらの人員整理

このイベントは一律金額で着物¥3000 帯は¥2000 

100万を越える売上数字を挙げるには
事前の仕分けだけでどれだけ大変だったんだろ

そして会場費以外の売上全額寄付。

イベントをやるとわかるんですが、見えない諸経費の金額が
半端ないんです、実は。

きちんとした言葉、想い
人の力ってすごいな

優しくて強い彼らにとても学んだ数日間、頭が下がります
なんだかすごくPOWERをもらった出逢いになりました


164


きもの結び の皆様、本当に本当にお疲れさまでした!

私ね、もっともっとガンバリマス

次はどんなカタチでお会いできるんかな 楽しみがまたひとつ~♪


| | コメント (2)

2012年3月20日 (火)

春霞 桜さくら 富士の山☆春の落雁/Rakuganワークショップ

コトホギ屋でお世話になっている彩詠さん☆

         と

なにかとあがりこみご馳走さまになっているぺたこさん♪

おふた方が
「季節の落雁を作る会をやりまぁす♪」 。(  ̄▽)/\(▽ ̄ )。
と、横で楽しそうに準備されていたので
気になって参加させていただきました(笑


P_0027s


最初はね

なぜ落雁、、どうしてラクガン??
と、不思議だったんです。

あんまり美味しいと思ったことが ね、、(ちょっと小声)

お寺でおまいりの時、いただいても
そーっと戻しておいたり。(捨てられないし、困る、、)


P_0058s


でも、出来立ての落雁を味見させてもらって
むえぇっつ、ふわっふわっしてる good

なんだこの食感 (☆‘;@)/

そんな衝撃をみんなで楽しみたくて
今回、仲良しさんもお誘いして
春のラクガンを作ってまいりました♪

ストーリーを添え
絵を描くように盛りつける

春霞 桜さくら 富士の山 
良いねぇ、うらら温泉行きたいなっ

この型は『落雁と季節の会』 の限定オリジナル

お二方、さすがですっ!って思ったのは
その型もお持ち帰れちゃうこと


38800s


ふうわりさくらの香りと色

ハジメマシテの素材 みじん粉さん
落雁ってもち米とお砂糖で出来てました

ワークショップ最中に
「これ、何キロカロリーくらいあるんでしょね?」って
ふと口にしたら

そうよね、お砂糖だものね、、ざわざわ★
となった一瞬があって

カロリー、低いそうですょ ^ ^ ご安心です


Dsc_0320s


手際よく、割とあっという間に
落雁があちこちで仕上がりました


Dsc_0412s


割烹着を着こなす人になりたくて
ちょっと憧れております

スマートなギャルソンエプロンより割烹着

料亭のお仕事で板場のびしっとした白衣が
すごくステキだなぁって思うから、
その隣のふんわり割烹着の良さに気がつきました

そういう女性にワタシはなりたぃw


Dsc_0447s


ワークショップはお着物姿が半分

それぞれの着こなしや所作に学びます
うん、個人がにじみ出てとても興味深いです


Dsc_0564s


Dsc_0512s_2彩詠さんは帯に桜の花びら、「木花開耶姫 サクヤコノハナヒメ」にちなんで姫の刺繍帯


可愛かったなぁ


お着物コーデ詳細は彩詠さんのBlogで 

pencil 着物の葛籠


自分だけのこだわりが込められる、着物のコーディネート

その意図を汲んでくれた人は「むむっ。細やかな人だなぁ、見てくれてるなぁ♪」と仲良し急接近したくなります ^ ^



作った落雁は、そのままプレゼント出来るように
お包みまでご指南。

このパッケージ、とても参考になりました◎


Dsc_0533s


ギフト用だからと、会特製の小さな桐箱まで
用意されていてびっくりです!

お抹茶をいただきながら季節のお話を聞いた時間
もちろん、はむはむ味見もしながら♪


Dsc_0555s


Yokoandreikoあ。

香司 
洋子センセ&玲子センセ 

ご登場 shine

ふふ、ちょっとスペシャルな香りの会、やっちゃおうかなって企画中☆ご期待です、今仕込み頑張ってます


20120311164140この日、私は山桜の小紋を

最近、マイニチ着物セイカツ
着物は確かに洋服より制限されるのだけど、、我にかえる瞬間になることが多くて助けられます


この習慣、当分続けてみようと思いまっす

ぺたこさん、彩詠さん楽しい美味しい会をありがとうございました!
(大荷物で足取り軽やかに帰宅途中のおふたり camera パシャ)

この季節の落雁の会は毎月、開催されるそぅ

ご興味惹きましたら、一度お試しあれです♪
とても気持ちの行き届いたワークショップだと思いました


Otukare


来月は

● あんしやるべ に想いを込めて、包まれて

お題はカーネーションとのことです!


A0254466_18371999


| | コメント (0)

2012年2月 3日 (金)

福は内 鬼も内 (人) 赤オニさんいただきまっす

季節を分ける日 節分

明日は立春 春の気始めて立つ 
早い暦の春が到来です

花街はお化けの日、料亭には花魁道中から抜け出た
青鬼さんが来て豆を撒きお祝儀を渡したりしていました

料亭のことをちょっと綴ろうかなって 
→ 料亭暖簾ノ向コウ側


191480


奈良では

「福はぁ内 鬼もぉ内」

なんです(笑

movie 世界遺産のひとつ吉野山の金峯山寺の節分会

http://www.youtube.com/watch?hl=en&v=Ao0c-NleQEY&gl=US

おチビのころ連れて行かれ、

「オニやからってこんな寒い中、外放り出したら、そら恨まれる。
 喰うか喰われるかの関係でも、存在は認めあわんといかん。」

そんな説法を受けました。

今、思うと子供になんて話するんだっ です。

最近この言葉を思い出してお師匠様とこんな会話を。

毬詠   「鬼に食べられたら終(し)まいと思うんです。」

師匠   「そしたらそれは最初からそこまでやったちゅうことや。」
 
そんな無我の境地に辿り着ける日はあるのでしょうか

この日のおもてなしは赤鬼さん
弱い自分の中のオニさんいただきまっす (人) クッテヤルw


Saki


しだれ梅がちょうど見ごろの奈良ゲストハウス
縁側がふんわり梅の香でらららんな感じでしょ♪

ここでお茶を飲んでほぉぉって深呼吸してたら
春までもうヒト踏ん張りって元気をもらう。

今週末に 立春 のラインナップが並びます
週明けにまた野庵HPを覗きにいらしてください ^ ^b


168480


▼ 立春のラインナップの一部です ▼

木のトレイ ShimooDesign 「幸 saki」

菓子切 飾り職 玉穂作 「春の気始めて立つ」

(ご参考までに)

生菓子 鶴屋吉信 「追儺(ついな)」


66480


あ。

イワシ、食べました?

この時季の室礼のひとつに
イワシの頭にヒイラギを刺す「柊鰯」が
あるのですが、、

この画像↓はこちらのBlogから http://kimamatime.exblog.jp/9436960/ お借りしました


Photo


昔からコレだけはどーも美しさが
わからんのよなぁ --;


| | コメント (2)

2012年1月 3日 (火)

茶杓の銘を書いてくださる書家さんのこと

時季の茶杓 】 の最大の特徴はお客様もご一緒に confident

そのすてきなアイデアは今回お世話になる
書家さんからいただきました。

「茶杓の銘は、その作者又は所持者が自分の思うところや
 感ずるところから名前をつけるのが本来...」

そぅ、茶杓の銘は想いが映される

表装を気にして、私はとても大切なことを見落としていました。


Dsc_0653


今回、どなたかにお願いすることが決まったとき
茶道にきちんと向かい合っている方に
お願いしようと思いました。

茶杓はお道具だから。

字が上手とかそういうの以上にお点前を通じて、
茶の心に触れている人が良いなぁって。

私が通っている茶道のお教室の大先輩の
Sさんにお願いしました。

Sさんは学生のお茶会まで面白がって覗かれる
やわらかな方で、一緒に色んな機会をいただいてます(人)

pencil 東京大学茶道部 師走の茶会のこと

野庵の活動をとても理解してくださっていて
最初の野庵の印を作ってくださった方でもあります。

pencil 2007年 歌留多の会のこと (末尾に登場)


In


野庵のイベントの大きな看板や「受付」「東司」「入り口」等の
張り紙にいたるまで、イベント時には必ずSさんの手が入っていて
いまや雰囲気作りの底力 gawk

この茶杓の依頼をした際、まず辞退されてしまいました (><;
それぐらい 銘 を書く行為は大変で。

ただ、この時点では銘は野庵とSさんで付けようと
思っていたのですが。

色んなやり取りと説明のあと、電話で

「手紙を書きます。電話より手紙で伝えます。」

と言われ、はっきりお断りされるかと
ビビりまくりながら待っていたら、
冒頭のすてきな提案をいただきました。


Dsc_0229


見守ってもらってるなあって、どうやったら
お返しできるのかなって考えます。

時季の茶杓は今から四季を通じてお披露目となります。

たくさんの人の手と気持ちを添えてのお届け、
どうぞお手許に届いてからも、たくさんのお話が加わって
一緒に楽しんでいただければ嬉しいです ^ ^

いつか桜や紅葉のころに、一緒に野点でもできれば
シアワセですねぇ catface

--

あ。

Sさんの本職は某お寺さんでいろんなものに
書を書かれています。

卒塔婆とかにいたるまでっ

なんでもござれ good 達筆このうえない方でしょ

| | コメント (0)

2011年12月30日 (金)

近況のご報告☆おもてなしの意味を学ぶ

もう年の瀬ですね、そう近況のご報告をさせてください

最近、別の世界に片足突っ込みました catface くふ

ひとつはご縁で関西の某料亭で、週に何度か
スタッフとしてお仕事をやらせていただくことに

大将率いる板場さんと女将さんや仲居さんで
極上のおもてなし空間を日々提供しているお店

もちろん着物での作業

ゆうセンセに

 「●●さんでちょっとだけお仕事するのん」って報告したら

 「は?!あんたがっ(00;)シランデェ」 絶句されました

それぐらい厳しい

「まりえさんはきれいに着れてるなぁ
●●(お店の名前)の着物を着たらな、乱れた着付けや
風体でお客様の前に出るなんて考えられへんやろ、良かった」

「みんなお草履の音、鳴らさんと歩いてますやろ、猫さんやで」

お姐さん方はやさしい口調でビシバシです、、orz

細やかさはすべて、お料理を楽しみに、その時間を
心待ちにいらしたお客様へ応えるため

お部屋の調度品、しつらえの時季の花
器の取り合わせ、お料理の盛り付け
トキメキまくりな状況で、現場でお役に立ってたら良いのですが、、

場にいる関係者全員のプロ意識が半端でない

目配せでフォローしあって仕事を整え、遂行していく様が
美しいなぁって思いました


Dsc_0166


突発的ななにかが日々起こるので sweat02
通える限られた期間、学べるだけ吸収していこうと
貪欲にアンテナを張っています

野庵やコトホギ屋にどう反映されていくかな
楽しみにしていてください good

あとは、秋からちょっと愉快な読書会に参加しています
長くなったのでこのお話はまた別の機会に book

読書会とはまったく関係ないのですが、深堀隆介氏の金魚が
表紙の本が出版されていますょ☆


Dsc_0182


野庵のお仕事と離れた一個人での出逢いは
目線が変わって面白いです♪ 

新しい年は自分引き出しの中身が
深まったら良いなぁ

2011年もあとわずかですね、皆様どうぞ良いお年をお迎えください


| | コメント (4)

より以前の記事一覧