2011年10月24日 (月)

銀閣寺秋の特別拝観と喜み家の豆かん

ちょっと怪我をしておとなしくしてるここ数日

ここは動けないのなら、、と
秋の遠足のBlogを書いていきまっす!

最近のお昼ご飯に八百三(やおさん) ゆず味噌登場 catface
そう、京都に行ってきました


94


お目当ては東山慈照寺の特別拝観

ここのお庭がとても好きです

白砂の向月台は年々高くなってきているとか
本来はもっと低いものだったそう、、

昔とはどれぐらい違ってきているんだろ

波紋を表現した端正な銀沙灘は開門中に
均すと説明されました

一回でいいから見て(やって)みたいなぁって ψ(`∇´)ψ


591


ここには蕪村さんの描いた襖絵があります

一茶先生より芭蕉先生より与謝蕪村が好き

俳句はおおらかでのびのび
とても気持ちが良いですよね◎

時間の流れや四季の陽射しをこんなすてきな表現で
気がつかせてくれる

春の海 ひねもすのたりのたりかな

菜の花や 月は東に日は西に

今なら このあたりでしょうか ↓

山は暮れて 野は黄昏(たそがれ)の薄(すすき)かな


578s


銀閣寺形手水鉢

キューブ形だっ Σ(`0´*)

お茶室の意匠や露地の鑑賞を学ぶと、
この辺りの楽しさももっと深まるのでしょうか


567s


ただ、うんちくに明け暮れる方がたまにいて、、

いわれや背景もとても大切ですが、
私はまずは自分が見つけたファーストインプレッションじゃないかなって

アンテナが感知したら自分で探して学ぶと思うから

いずれにせよ、「これすてき」がたくさん感じれたら良いですね

蕪村先生が描いた「飲中八仙人図」はとても朗らかで、楽しそうで

泥酔して歩けなくなったおじいちゃんのほっぺの色も残っていて
筆のかすれから時代を超えた美しいが確かにあって
泣きが入るほど心がふるえました 

その10分後には
お庭でスーパーキノコ見つけて、大喜び ↑ 


Dsc_0656


奥にある義政公の書斎は(最古の書院造)陰翳がすばらしくて
その奥の「弄清亭」(お香席)の襖絵がまた鮮烈な色彩で

なにより印象的だったのは水の音

湧き水と滝から流れ出る水の音が室内に静かに響く
壮大な演出に胸がいっぱいになった

特別拝観は高いと思われがちですが
私はオススメします☆


613


銀閣寺さんのお庭は広くて勾配があってけっこう大変

ただ、今も使われる湧き水があって苔が美しくて
とても丹精に手入れが行き届いてるお庭だなぁって感じいる


640


胸がいっぱいになってお腹がすいたので
豆かん屋さんへ行きました

● 豆かん 喜み家


678s


釣りしのぶ、よいな 

風情があって、来年は奈良にも置きたいグリーンのひとつ


682s


ここの豆かん、すごいですねっ shine

黒蜜がめちゃめちゃ美味しい
さらりくどくなくて、きちんとした豆の食感が楽しめて
ほわっとやわらかな塩味

あっという間になくなっちゃった despair


707


一緒にお散歩してくれた仲良しさんが
柚子味噌を買うというので「八百三」へ

商品は柚子味噌だけ、、

(すごいお商売だな、うらやましい)

美味しい理由はここに書いてありました (笑

● 京都 グルメ情報


715


魯山人さんが味に感銘して、店内にある看板の文字を書いたとか

お味噌一品にまつわる逸話がなんかどでかいなっ


Yaosan


ぴかつやの柚子味噌

旅に出てて出荷が遅くなったお客様へ
お土産にこの日の荷に入れておすそ分け

もちろんゲストハウスにも good

まおちゃん、おおはしゃぎ 「ねぶって良いですか、これ heart04

喜んでもらえて良かった


Yaosan1


あ、このお味噌は常温保存です~

冷蔵庫にうっかり入れると、かたくなって味が落ちるとか


513s


さて、次は京都ではとちゃんに会ったときのこと

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

2009年初しもやけになった、、

さむーぃ

ピンポイントで寒くなった早朝、
関西にいました

京都に2時間の余白時間

眼力のある神さまたちに逢いにいった
ε=ε= (ノ ̄▽ ̄)ノ コンニチワデス


Sanjusan


三十三間堂 大好きっ!

1000体の千手観音を守るように、28部衆像が立ち並ぶ

風神雷神も帰ってきてて壮観

迷いない強い眼、500年も昔からの緊迫感、気迫
すごいなっ  強くて美しいがいっぱい◎

2006年 そうだ京都いこう 夏 ↓ 大きくなるょ


Summer_2006_04_img_001_2


一人の修学旅行生が、「すっげー すっげー」って興奮して
お友達にからかわれてた(笑
すごいって思ったら、そのまま口に出す感性でいればいいと思う

あのこはどんな大人になるかな


Winterred_2


うっとりいつの間にかの1時間半、
気がついたら底冷えで、、 

お布団に入って気がついた bearing
足が痛痒い そぅ この感触は、、

11月からしもやけかよーっ orz,,

| | コメント (0)

2008年9月12日 (金)

キザじゃないで 素直ゃねん

そんなアホげた言葉で毬詠をいつも笑い死にさせる友人がいます。

彼の名前は あかりや kenji 君
(そう、「四季と出逢う 春」で会場を創ってくれて 簪コラボした作家さん!)

この間、京都で

kenji 君の 照明
       藤坂 萌子さんの朗読
       ゆやさんのうた
       吉田 優子さんのピアノ    
       齊藤 江湖さんの「書」

で、Live するよと聞いたので行ってきました。

ピアノとフランス語での子守唄
それは星のおはなし

静かな静の空間に、Kenji 君の照明が ぽぅ と点く

そしたら江湖さんが何もないところに月を生んだ


Moon2_2


江湖さんは判子を彫る人で書家さん

この夜は星の王子様に見えた


Moon3


フランス語は しゅるぶぷれ しか知りません(笑

ただ、ゆやさんが歌う子守唄はふわり心地よく
優しいピアノの音になんだか夢見心地なLive


Moon6


江湖さんが壁に星を散りばめる

その降る星のなか藤坂さんが朗読をした


Moon4


こうやって 両の手足を投げ出していると
特定の誰かではない皆に
あなたのすきにしていいのよ、と言っている気持ちになる
と伝えると
僕はじゅうぶんに知っているよ、と
指一本触れることなく、あたしを抱きしめる

この人は、ほんとうに星なんだ


Moon


なんだか大人の空間演出にやられまくり

右が Kenji 君   左が江湖さん

江湖さんには今、特別な判子をお願いしてるん
以前、毬詠印もお願いしてとっても大事に使っています

実はこの夜、毬詠の江湖さんを見る眼がはぁとになってて
写真の枚数が1人だけ多かった (笑

あかーん  私、開襟白シャツにほんと弱いんーっ!

Liveが終わって Kenji 君 談
 「江湖さんの素肌に白シャツは俺の演出なんやで」

  けんちゃんっ、 あなたほんま良い仕事するなぁ (* ̄∇ ̄*)。グッジョブ


Moon1


銅の造形作家として、内装の知識や仕事っぷりも
すさまじいけど、空間プロデューサーとしても
今回、真面目にすごいと思った。

そんな Kenji 君が北鎌倉で秋に個展を行います。
(フライヤーは野庵の秋のワークショップやイベントでも配布します。)
ご興味惹きましたら覗いてやってください。

彼はとても良い作品を創る人です。


Moon5


● 銅の照明展  村井賢治

「手紙をかくための」

私のつくる銅の照明は、空気に色を着けるための道具です。
その道具を手紙を書くために必要な形にしようと思いました。
テーブルに置く電気スタンドとして。
言葉を思い浮かべるために見つめる星を吊下げて。
思う相手の方角を知るための磁石を浮かべて。
いつもペンがそばにある。

あなたも手紙を書きに来ませんか?
飾り気の無い便箋と切手はご用意致しております。
お気に入りの便箋をご持参頂いても結構です。
近くにいいポストもあるんです。

秋空の広がる鎌倉にて、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


Muraikenji


会 期   2008年 10月24日(金)~11月3日(月・祝日)

時 間   午前10時~午後6時(最終日5時閉時)

入 場   無料

会 場   Gallery 羅枇(ラビ)  神奈川県鎌倉市山ノ内870番地


Muraikenji1


あなたな、、やっぱほんまにキザやって。

| | コメント (2)

2008年9月 9日 (火)

「牡丹に唐獅子 竹に虎」 心 拠ル所  (@南禅寺) 

夏休みの最後は京都 南禅寺さんに行った。

ここの唐獅子ちゃんと虎くん他、吉祥獣たちに逢いに。
ここね、実はそういう仔たちがいっぱいおるんょ shine

山門をくぐる

「絶景かな 絶景かな」 石川五右衛門の名セリフはこの山門で生まれました

    実は、、 上ったことありませんけど (笑 

登らんくてもね  春、この辺り一面は薄桜色に染まるし、
夏は青葉、秋は言葉にならないほどの緋の絨毯、
冬は寂々のましろに包まれる 


Nanzenji11


お目当ては 大方丈 という建物。

ここにはまず 巨大 竹かっこん ししおどしがあるお部屋があって。
コーン と清々しく響く    その音の持つ緊張感に酔う
ただ一つの音で静寂の間が果てに広がっていく

  はぁぁ  心が静かになった 
 

Nanzenji7


おった~ happy02  方丈欄間 両面透かし彫り 
この彫は左 甚五郎作  そぅ、日光東照宮の眠り猫ちゃんを彫った名工。

両面透かし彫りの表に虎 裏に竹   
そしてもう一つは表に唐獅子 裏に牡丹


Nanzenji1


牡丹に唐獅子 竹に虎

それはよく聞く言葉

昔から襖(ふすま)絵、除魔札、刺青、着物の模様にも使われているし
獅子と神社の狛犬とは同一視されていて、台座には必ずと言っていいほど
牡丹が彫られている。

百獣の王 獅子に、百花の王 牡丹の組み合わせ

これってすごい深い意味が。
 

Nanzenji6_2


無敵の獅子にも怖いものがありました。
体内を貪りやがて肉を喰らってすべてを滅ぼす、それは「獅子身中の虫」。

獅子 身中の虫  ことわざにもなってますよね。

その 虫 は牡丹の花に溜まる夜露で鎮静するので
日々、獅子は牡丹の中で眠り、牡丹の花を食すのだとか。

意識してみてみると、確かに仔獅子が牡丹の花を
くわえてたりしてる彫刻がよくあります。
牡丹の花は獅子にとって心の拠り所になるのかな。

(まんなかに虎がいるの、わかります?)


Nanzenji5


竹に虎 も同じ様な意味があって。
無敵の虎も群れで暮らす巨体な象が怖かったのです。
ただ、大きな象は竹やぶに入れず、無理をして踏み入れると象牙が折れてしまう。
だから虎は竹やぶの中で暮らすのだそうです。

竹やぶは虎にとって安住の地だったんですね。

( この虎は南禅寺さんの「水呑みの虎 (狩野探幽筆)」 
ふすま絵なので行ったら遇えます☆ )


Tora


実はこれって仏教の説法のひとつ。

「あなたにとって、依所(よりどころ)となる安住の地はどこですか。」

あの組合せにはそんなメッセージがこめられていました。


Nanzenji10


拠り所   お家? 居場所? 落ち着く場所?

この秋はそんなことをちょっと真面目に考えてみようかな。


Nanzenji4


南禅寺 法堂  大きくて荘厳。
このやんちゃ顔の幡竜が天井いっぱいに描かれていて
すごい迫力でのみこまれます。


Nanzenji3


南禅寺さんにはこのほかにも鳳凰がバッサバサ飛んでいる
天井画があるし神獣とか吉祥獣が好きな人にはオススメな場所。

これはお庭に面している欄干金具。
細部にまで南禅寺瑞龍の紋が彫られていた。

ここはね、探すと色んな獣が出てきます♪

  あにょっ! ヽ(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)ノ 
  おった、ここにもおった あそこにも!


Nanzenji9


その時の様子を一緒にいた妹はこう書いていました。

= にゃみっち日記 =

Marieそういや、あんまり関係ないけど、最近姉ちゃんが京都に来ました。

写真家ではないですが、写真を撮る仕事(?)をしているので、写真を撮っているときの真剣な目(だけ)はかっこよくて好きです。


「姉へ
他は鬱陶しいことが多いので、、あまり京都にはこないでください(ё_ё)ブヒ」

人がキラキラしている目をする時はステキあなぁと思う。

南禅寺敷地内には琵琶湖の水を京都に引き入れた疎水のアーチがあって。
赤煉瓦が独特の雰囲気で、この場所はとても好きです。


Nanzenji2


毬詠、夏休みの自由研究発表 おわりっ!!



| | コメント (2)

2008年9月 8日 (月)

自分儀式 (@大原のどこか) 

んー  

京都大原へ向かった本当の理由があって


Oohara3


それは自分が大きな決め事をするときに
必ず立ち寄る場所があるん 自分儀式というか…(照


Hana


子供の頃から追いかけた夢を諦めたとき 
卒業  東京へ行くと決めたとき  野庵   
そしてだれかの手を離さなきゃいけないとき

ま  最初は気持ちいい場所だから偶然で
ここ5年は自分を省みる場所になってた

ここね (どこだか書きませんが大原のどっか (笑  
拝観料にお抹茶代が含まれていてとにかくボーっとできます☆

変わらない風景はない昨今、いつ行っても同じ匂いで包んでくれる場所


Nextdoor


この夏、私のキャパシティ不足で人を傷つけた
その想いを無駄にした代償は背負わんとって思う

何がいけんかったかー  反省して点検して繰り返さないよう自分に注意
驕りはなかったと言い切れるだろうか


Teriha


この鐘は寂光院にある祇園精舎の鐘  今、鐘の音は響かない

盛者必衰  なにを勝者とし敗けるというか 私には正味わからん

  負け ってなりたかった自分になれんかったときのこと?

ひたすらに目標を見据え努力し向かう過程で得るものが、とても大切やと思う
その姿勢が真剣であればある程、やさしくないしあかんかったときの怖さは増す

ただ、一人よがりはいけん

言い訳のない人になりたいし強くありたい 


Oohara2


お庭に臨むこと1時間
これからの方向を見据えた夏でした


む  がんばる。


| | コメント (4)

2008年9月 2日 (火)

雨の日は苔を抱きに @京都 大原

8月末は雨ぽっちゃんな日々でした、、

京都へ行く際に雨模様だったら  がきれいな場所がオススメです。

苔はお水をうんと含むんょ。
で、植物の緑と水の色が合わさって、それはきれいな碧の絨毯が広がる。


Oohara6


これは草庵の屋根  歳月を感じる緑の屋根がきらきらしてて
なんだか動けなくなる


Greenroof


大原は大好きな場所  ここは勝林院 

大原問答 と書かれた書が粗野ななか迫るものがあり
ここにくるといつも背筋がシャンとする。

お花とかない、杉苔がただ端正で清和。
ひんやりしたお堂の空気に一定の緊張感があって
陰影のなか、ものすごい場の力を感じる。

2008年初秋 JR東海  そうだ 京都 行こう

に取り上げられたお寺です。
(あのポスターの出来はどうなん、、CMは好きなんやけど。)
 

Oohara


雨の滴が飛び石と緑のコントラストを際立たせる

はぁはぁ  なんてふぉとじぇにっく~ (* ̄┏Д┓ ̄*)  (←大バカっす、、)


Oohara1


光の所作 陰翳の間や明暗に美を見出した日本人
その感覚はDNAレベルで、だれしもに受け継がれてる。

そういうのを気持ち良いとか、落ち着くとか思う気持ちは
とっても大事にして、ゆっくりたくさん感じれば良いと思う。


Oohara5


極上の場所だからね 

私は足も遅いし道にも迷うし
どこか旅に出ても1日に1つか多くて2つでいっぱいいっぱい(笑

また、来たら良いやんねー 

忙しない旅はちと寂しいと思いません?


Us


今の時期、雨にたくさん打たれた青葉は
秋、言葉にできない緋色になる。

冬のにおいがする早朝の紅葉が好きなので
今度来るときはお寺さんに泊まり込みだな。 
(大原にはすてき宿坊がいろいろあるんっ♪)


Oohara8


シャッターきるのに邪魔だから傘は持たんくて
豊かな緑のおかげであまりぬれずにすんだ


Oohara7


今回、平成12年に焼失して無残だった寂光院のお庭が
きれいに復活していて嬉しかったなぁ


Oohara9


途中のお土産もの屋さんで地産のお味噌屋さんとと
ドレッシング屋さんがあって。 美味しそうだったんで発注しよぅ。

次の宅呑みは 秋の京野菜お取り寄せの会 なんっ!


Oohara4


京都市内も良いですが、足をすこし伸ばしての場所は
人もまばらでお勧めSPOT満載。

ちょっと大人の遠足には良いですょ ☆


Drop


東京からのぞみで2時間半 bullettrain
ビール飲んでポーっとしたら着いてますよってに (笑

| | コメント (0)