2014年1月16日 (木)

地元女性の底力*築200年熊谷家住宅@石見銀山

冬至の日のイベントご報告は動画と一緒に ^^; オソクテゴメンナサイ

まずはこの年始め
世界遺産に登録された石見銀山遺跡へ
行ってきた日のことを忘れないうちに

大森の趣き深い町並みは
お散歩カメラにオススメですょ camera

(写真はクリックすると大きくなります)


Sp1031023


家の戸には正月のおしたく飾り

青竹の花入れに餅花や千両

飾り方が統一されていたので
町内で配慮されたのかな

古い町並みをぐっと引き立たせる
すてきな室礼です


Sp1041434


雪が散らつく日

風情ある佇まいに橙と千両の赤の実が
とても印象的でした


Sp1041435


この日のお目当ては熊谷家(くまがいけ)

ここは銀山とともに栄えた
江戸時代からの豪商の家

大きく染め抜かれた三つ松紋の藍染暖簾は
新春の凍てつく冬空をさらに清しく
際立たせていました

(この暖簾はここでかつては布団として
 使われていたとか!)


Sp1041419


まず通していただいた来客用の奥の間

ここは大名家の役人の接待など
とりわけ大切な来賓の間だったとか

現在でもここは大田市の迎賓館として
ユネスコの賓客を迎えて市長主催の夕食会等
行っているそう


Sp1041373


臨んだ庭の蔵は鼠漆喰仕上げ

当時、女人禁制の蔵からは
祭具や神事に使う道具が
仕舞われていたそうです


Sp1041378


襖には見事な雲立涌文様

これは復元ではなく当時のものだとか 

むっはぁ shine うっとり

「その座椅子はここの布で
 私たちが作ったの。」

説明をしてくださる方に好奇心から
たくさんの質問をしたときに
お役所仕事ではないリアル感ある返答を
いただきました

実際、調査の現場にいないと
出てこない言葉

この古民家の復元と再興に尽力された
方々のお一人でした


Sp1041376


ここは素人の地元の女性が
小泉和子氏(昭和の暮らし博物館館長)の指導のもと
荷の整理、清掃から調査、復元し現在の形にまで
持ってこられた場所でした

pencil 家財運びだしから展示品ができるまで


Ncm_3381


毬 
「家財調査から展示まで全部、
 やられたんですか?」

「そう。地元の女が集まってね ^^
 3年かかっちゃいました。」

にこやかにおっしゃられたけれど
古民家のお掃除をすこしは知っていたので
その作業量は想像を超える大変さ、、

蔵にはかつて酒造業をやっていた展示

これも専門的知識をひとつひとつ
学び調べパネルにしていったとか


Sp1041397


小さなコーナーひとつとっても
当時の日常の息遣いが感じられ
細やかでとても見ごたえがある展示でした

お酒ってこうやって包まれていたんだねぇ

昔パッケージマニアとしては
たまらないっ


Sp1041384


大事に飾られた古民具


Sp1041396


蔵から出てきた揃えの茶椀たち


Sp1041395


見事に布で手造りされたフードサンプル

【お花見弁当】

箱寿司、煮染め、卵焼き、簀(す)巻きカマボコ、焼き鮭
鶏炒り煮、天ぷら、飾り切みかん

どのように使われたかも含めて
大森地域の行事食を聞き取り
郷土料理の復元につとめたとか


Sp1041389


祭礼・法事の日のご飯も展示されているので
すごく興味深かったです


Sp1041391


芯は発泡スチロールのお饅頭

器は料理が入ってこそ!

女性ならではのこだわりを感じ入りました


Sp1041393


圧巻は太い梁のお台所

ここも現役で使われているとか!


Sp1041425


小学生の食育の場として
薪割り、料理の下ごしらえ、竈でのご飯作り
後始末まで行っているそうです

大人も5名以上で体験学習できるって☆
やりたいですー


Sp1041402


熊谷家で使われていた道具を使って
かつて、人の手で行われていた
すべての家事を

ある意味とてつもなく贅沢です


Sp1041423


井戸も現役!


Sp1041431


水まわりの使い勝手を考えられた
シンプルな美しさ

ショールームのような
お飾りでないリアルな場


Sp1041426


「魚箱」

リアル過ぎるお魚も発泡スチロールと
みかんネットからの手造りでした eye


Sp1041408


ワラでできた蓑(みの)や笠

これあったかいのかな?
でも防水、ムリだよね?!

雪がすぐに払い落とせるらしい!


Sp1041417


新聞紙の中には茶葉が干されていて


Sp1041429


別間でゆっくりいただきました◎

土地独自の風味のあるあったかいお茶
あたたかなコタツ

張り替えられた障子、小さな盆栽
コタツの座布団まできっと手作り

広くて大きな豪商の古民家で
おばあちゃんちに来たような
ゆったりした空気が流れているのは
お母さんたちの沢山の心遣いがあるから

素晴らしい古民家再生の活用を
魅せていただきました


Sp1041398


重要文化財 熊谷住宅

守る女性は 『家の女たち』 という名称で
今も熊谷家の来館者への説明から
建物の維持管理まで活躍されています

熊谷住宅 

● 公式HP http://kumagai.city.ohda.lg.jp/

● Facebook https://www.facebook.com/kumagaike.ienoonnatachi


Sp1031007


オマケ

女中部屋に貼られた写真

誰かまったくわからないw


Sp1041406


「断捨離」という言葉が流行っているようですが
捨てられないものはやっぱりあって

物がない時代、大切に使われた道具

その精神まで包み込むように
大事に大事に復元された熊谷家

年のはじめ、2014年念頭に置くべきことを
教わった気がしました◎


| | コメント (0)