Homura_top

「さいしょのいっぽ」

モダンきもの

新しい出会い、新しい土地、新しい仕事、新しい計画…
新しいことを始めるときのドキドキ感って、いくつになってもなんだか特別です。
初めて着物を着た時の、ちょっと不安で、でもいつもと違う自分になった戸惑いの様な嬉しさ。
今回わたくし、そんな気持ちを描いた様な素敵な着物を見つけちゃったのですよ!



見てください、
このゴージャスかつエレガントな柄付けを!
観世水を地紋に織り出した生地に、まるで洋花の様な
タッチで描かれた菊•もみじ•梅•波…
古典柄の様な重々しい雰囲気ではなく、
軽やかで優雅という表現がぴったりです。

まるで洋服地の様なハイカラでモダンな柄は
京型小紋(明治小紋)の流れでしょうか。
着物の世界にも新しい風が吹き、
和と洋が重なり合って今までとは違う世界が広がる。
当時の着物作家さんたちも、きっとドキドキしながら
新しい世界に一歩を踏み出したんでしょうね。

京型小紋は明治後半から大正、昭和の初期頃までの
若い女性の晴れ着の代表格だったようです。
当時の女子は、こんな着物を素敵に着こなして
いたんでしょうね。


ippo_03

ippo_06



ippo_01

こんなモダンな着物に合わせるなら、
古典的な雰囲気よりやっぱりモダンな帯が気分かな。
ということで、市松模様の袋帯なんかいかがでしょ?
金の松葉をグラフィカルにアレンジして
花丸と組み合わせた可愛らしい帯ですねえ。
黒地ですが黒の分量が程良く、重すぎず軽すぎず。
絶妙なバランスじゃありませんか!

着物も帯も四季の模様が描かれていますので、
袷の季節ならいつでも着ることができるのは
嬉しい限り。


ippo_05

ちらっと見える袖口や八掛の色もサーモンピンクがかったローズ色で、とっても素敵!
お袖の長さも小振袖なので、大げさにならず軽やかに着こなせます。
年末年始のちょっとした気軽なパーティやお出かけなどにも、華やかなシーンにぴったりのコーデです。

着物初めてさんはもちろんのこと、着物ベテランさんも「さいしょのいっぽをもう一度」、
味わっていただけます。
ぜひこのコーデをお嫁にもらってドキドキしてくださいw



ippo_04



**********************************


今回の霜月コーデは、いかがでしたでしょうか。
この小振袖と帯を、嬉しい長襦袢付きセットで¥50,000 でお譲りいたします。
ご興味ある方は info@a-yarn.comまで。


************** 詳  細 **************



ippo_all


ippo_07 ippo_08



●京型小紋?菊柄小振袖 正絹

身丈 158cm 裄丈 66cm 袖丈 75cm
・アンティーク袷、型染め洋風菊をメインとした四季柄
・観世水を織り出した錦紗地
・数カ所、ごく薄い茶染みがありますが模様が派手なためほとんど目立ちません
 割と大きめな染みは左右袖下(前側)の茶染み(詳細画像左参照)、染み抜きに出せば落ちる程度です
 特筆すべき大きなダメージ等は見当たらず、美品です
・この着物用に作られた長襦袢をお付けします(詳細画像右参照)


●市松模様 四季花丸袋帯 正絹

長さ 420cm  幅 31cm
・とても柔らかく締めやすい、六通柄
・金糸で松葉を織り出し、四季の花丸があしらってあります
・若干のくすみや保管時の折跡、着用皺等ありますが、致命的なダメージは無く美品です

掲載日:2009年11月 8日 (日)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177086/46709566

この記事へのトラックバック一覧です: さいしょのいっぽ:

コメント

コメントを書く






yarn