秋の遠足*書(笑)の会『春夏冬二升五合』

野は曠(ひろ)くして 天 樹に低(た)れ
江は清くして 月 人に近し


                     (孟浩然)

遥かな空の青さと黄金色の田が豊かに広がる秋の近江、
澄んだ湖水に映る月が手に届くほどに近くなる、そんな頃


半紙にやわらかに筆花を咲かせる齊藤江湖さんと
「書(笑)の会」を開催する運びとなりました。


春夏冬二升五合 書(笑)の会
あきない ますます はんじょう しょのかい 

Syonokai800

自分の中(うち)に咲く一字を、探しにいらっしゃいませんか。


--


野庵 presents 書(笑)の会


▼ 続行のお声をいただき会期延長致しました!


2012年10月末までの水曜日と日曜日
(江湖さんがお店にいるとき)


会場 / 尾賀商店 江湖庵


内容 /
お好きな一字を毛筆で3枚程半紙で練習した後、
心のままに色紙に書き仕上げます。
(希望者は飾り間にて記念撮影いただけます。)



参加費 / ¥2000 (手ぶらでお越しください。色紙・お持ち帰りの袋・季節の茶券付)



Koukosan3




お申し込みは、
下記メールアドレスまたは会場となる尾賀商店で
直接、以下の内容を明記の上、お申し込みください。


mailto yarn.staff@gmail.com


1. お名前(ふりがな)
2. ご住所
3. 当日連絡可能なお電話番号
4. 連絡先メールアドレス
5. 参加希望のお時間



O179



折り返し、「お申し込み確認メールと振込先」を
連絡先アドレスに​お送り致します。

参加費の「振込確認メール」をもって、
正式なお申し込み完了とさせて頂きます。



Koukosan1



昔から「字はその人の今を映す」と言われます。

それは半紙と向き合ったときに自分の気持ちと向き合う瞬間が
あるからでしょうか。



Koukosan8



2012年秋、穏やかな湖面に映る月のように
そのままに自分を一字に浮かべてみませんか。


「ちょっと書を楽しみに秋の近江八幡へ」
楽しくココロ澄む秋旅となりますように♪

掲載日:2012年9月 9日 (日)

yarn