保土ヶ谷キャンドルナイト2012 ご報告vol.1 (準備編)


▼ 【保土ヶ谷キャンドルナイト2012 夏をおくる】 Index に戻る ▲


2012年8月25日 この夏、最後の土曜日

ここは、大島エレク総業(Gennnai)さんが手がけた「夏風の通り道」




8346




吹く風がまわりを取り囲むように配置されたバンブーベルを揺らす


カラ カラカラ 

微かに100方向から聴こえる夏風の音




8342




まっ白な無数の羽が風をうけて
夏の光と影がまわる




8339




蝉(セミ)噪(さわ)ぎて  林 逾々(いよいよ)静かに
鳥(トリ)鳴(な)きて 山 更に幽(ゆう)なり

このベンチは、この展示をしていた3週間
夏風を楽しむロイヤルシートになった




8411_2




梅園下のキャンドルナイト会場

万里青天 

今日、ここは「ひかりの谷」になる




8319




ファイアーウォーミングアップ中




8314




和太鼓彩も現地リハーサル開始




8340




日昼、炎が動きだすとあたりが静まりかえる

「今日、なにがあるんですか?」

プール帰りのお客様からお問い合わせの声、多数




8369




「キャンドルナイトがあるんです。」

声を掻き消すように打響する和太鼓と
それに共鳴するようにうなり増す蝉の声




8393




威勢のいい「木遣り」を提案してくれた和太鼓チーム彩

お腹からの声、前回より声のハリが抜群に伸びてる

本番がますます楽しみになった一瞬




8352




にぎやかなリハーサルの横で設営ボランティアが
ただひたすらの作業

(芯を事前に立てておかないとキャンドルは点灯しないのです)




8362




汗 汗

暑さで無言




8365




この日、34度越え

朝からキャンドルを並べ配列し、水をいれ点灯




8322




見えないように配置された
たくさんの防火布とバケツ




8341



せっかくつけた火が谷間の風で
あっという間に消えていく

「うわ、、ココロ折れるな。これ、今やっても無駄だよ」

眼下無数に広がるキャンドルをじっとにらんだ時間




8360




篝火に炎が入る

もうすぐ日没




8408




日が落ちるにつれて浮かび上がる
エレクさんの夏灯りの杜




8417




「お母さんっ!この風船、すっごーい。」

「うわ、きれーい。(写メ激写)うまく撮れないっ(汗)」

そんな驚きの声をいただいた夏風の通り道




8430



本番直前10分前

マジックアワーの待機時間はソワ浮き立つ




8434




「では本番、よろしくお願いします!」


スタッフが各所に散る


心拍数、最高潮


みんなが楽しい夜にしよう



8427



いつのまにか風が凪いでいた


燃えるような空を映すように
数千のキャンドルが谷に広がっていった時



Img_8515s



保土ヶ谷キャンドルナイト2012 夏をおくる いよいよ祭り本番




     movie この日の動画はこちら → Youtube 2012保土ヶ谷キャンドルナイト



 文 毬詠/marie

 photo ヤギマサル



-- 


シビレルほどの酷暑のなか、強い陽射の下で
最後の撤収まで場を持ち上げてくれた彼らと
すばらしいパフォーマー陣に心から感謝して。


▼ お手伝いしてくださった皆様


池田 実
清水 史明
志村 夏望
多賀 伸匡
林 真祐美
三井 敬人
三尋木 崇
涌井 陽一
涌井 和雲


masumi
ナカガワ ユウコ


noa
藤崎 一紗


山田鰆 (山田菜摘)
竹内 道宏


北条君


京子さん


鳴海 彩詠
鳴海 龍弥


安藤夏太郎  
池田貴彦


長谷川正宏


ヤギマサル


▼ ファイアーパフォーマー
雪 
紫苑
雅也
Yusura


▼ 和太鼓チーム彩
葛西 啓之
山田 啓吾
矢萩 大貴
春日 大輔
執行 正樹
齋 英俊
紺谷 友博
塩見 岳大


▼ 夏風のインスタレーション・照明デコ 
大島エレク総業(Gennai)


▼ 【保土ヶ谷キャンドルナイト2012 夏をおくる】 Index に戻る ▲





掲載日:2012年9月12日 (水)

yarn