鬱金(ウコン)の風呂敷について

着物や帯を収納する際は、まずは防虫対策

「たとう紙」 と 「ウコン風呂敷」 

が奨励されています。

ウコンには防虫効果があり、衣装箪笥の中敷き等にも
使用され、持ち運びにも大変便利。

2012年、野庵キモノけもの道から、帯や着物を
お届けの際はこの鬱金(ウコン)色の風呂敷に包み、
お納めいたします。 ↓ こんな感じです。

(そう、野庵のイベントの際、着物を運ぶのに
 多用しているアノ風呂敷です!)



Dsc_0138s



鬱金(ウコン=ターメリック)

着物や陶器、焼き物や絵画など美術品をもとめた際、
黄色い風呂敷に包まれている様をよく見かけます。

これは昔からウコンには防虫・防腐・殺菌効果が
確認されている為です。

ただ、この風呂敷は「化学染料併用」と
記載されていました。

ですので、天然ウコン染料のみを使用した風呂敷程の
防虫効果は残念ながらありません。

保管にご使用の際は防虫剤等と併せ、
お使いいただけますでしょうか。

(天然ウコン染の風呂敷はまとまった数の入手が
 大変難しく、「お納め」には採用できませんでした sweat01

着物世界の扉をくぐると「どんな過程で出来ているの?」
「どんな素材?」色んな疑問がわいてきます。

その「?」を解いていくと、着物や帯をいたまない状態に保てたり、
より楽しい着物時間を持ち主様に運んでくれるはずです。

ウコン風呂敷には化学染料と天然染料のものがありますので
意識して探してみてください。



Dsc_0049s



また、ウコンには絶対注意事項がございます! 

ウコンは布だけでなく羊毛や皮類までも染色するほど
強い染料ですので、濡れると色移りの恐れがあります。
くれぐれも水気湿気厳禁でご使用ください。

着物や帯の素材は虫の大好物、(特にウール!)
加えておばあちゃまと同じ時を経た生地は大変弱っています。

時折、季節の風をあてて、ご機嫌伺いをしてみてください。
その着物や帯とずっと仲良くおつきあいができると思います。



Dsc_0078s



たとう紙よりも使い勝手が良いウコン風呂敷。

お届けの際は「気に入っていただけますように」と
自然光の下で最後の検品を行い、
大事に丁寧に包み、お送りしております。

着物の縦糸と横糸が重なり美しい風合いを醸すように、
お届けする着物や帯がドキドキする瞬間と佳き出逢いを
紡いでいきますよう、心から願っております ^ ^

TEAM 野庵

yarn